不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016ブログ目標

明けましておめでとうございます。

昨年も皆様に支えられての1年であり、ブログとして大変に良い年でありました。心からお礼申し上げます。

去年は不倫から抜け出すことが出来た方がたくさんいらっしゃいます。つまり今年に向けていいスタートが切れているわけですね。昨年以上にいい年になることを願っています。


さて、毎年ブログの目標みたいなものを年頭に立てているんですが、今年はコレにします。


結婚・入籍のご連絡を10名様からいただく

です。なんとも他力本願で申し訳ないんですが、そう決めました。

大事なことは、結果としてそうなるということなんです。過程を大切になさってください。わかりやすい結果にとらわれることなく、穏やかな気持ちで毎日を過ごすことが何よりも大切だと思っています。


自分で出来ることっていうのは、まあそうですねえ。あまりなさそう。長年やってきて、そろそろ・・・なんて気持ちもなくもないんですが、やっぱり500名様を達成したい。というのもあるし。

圧倒的に説得力がありますよね。本当に素晴らしい事です(皆様からいただいたコメントが、です。念のため。私のことではありません)。


揺れている方もいるかもしれません。でも何よりご自身の決断を信じることこそが大切だと考えます。良くするのも結局は自分次第。

2016年が皆様にとって素晴らしい年になることを願っています。

関連記事

| 思うこと | 20:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

第一号?!

お久しぶりです。ご無沙汰しております。
もしかしたら、ご報告第一号かもしれません。
先月に入籍いたしました!

身内だけの小さな神前式、美味しい料亭のお料理、嬉しそうなみんなの顔と、みんなの涙。本当に不倫をきっぱりやめて、よかったと、そう思います。
というかそんな過去などその日は微塵も思い出しませんでした。
このブログも、その一歩を歩ませてくれました、ありがとうございました。

おこがましくも、渦中のみなさまに伝えたいことがあります。
不倫するには、理由がふたつあります。
さみしさと、自己否定です。
それは不倫ではけして解決できないと、心の隅にとめておいていただければと思います。
そして、不倫では大げさな愛情表現があって、私は「独身でこんなふうに愛を表現してくれる人はいない」と思っていましたが、います。ほんとです。
あなたを愛してくれる人で、あなたを不安にさせる人なんかいません。それは不倫でも独身でも一緒です。
そして女性はみんな、安心感とともに愛される価値がある。コメントされる方は強く美しい方ばかりですが、今そうではないあなたにも、価値がある。
そう思います。

最後までながながと申し訳ありません。
みなさまが、そしてonimaruさんが幸せであるよう、祈っています。
ありがとうございました。

| syasta | 2016/01/07 19:15 |

syastaさん

syastaさん、こんにちわ。
しばらくでしたね。またコメントをいただけてありがとうございます。

>先月に入籍いたしました!

おめでとうございます!私も大変うれしく思います。
第一号ですね。ブログとしてもさい先良いスタートになりました!
ありがとうございます。

これも全ては「あの時の決断」があればこそ、ですね。
もし続いていれば、当然今の幸せはなかったわけですからね。

>あなたを愛してくれる人で、あなたを不安にさせる人なんかいません。それは不倫でも独身でも一緒です。

おっしゃる通りです。しかしながら残念なことに
不倫相手に「愛されている」と勘違いしてしまう女性は決して少なくない。
その相手にとって都合良過ぎる誤解、妄想が不倫関係を支えているんです。
大切に思うのであれば、辛い立場にいつまでも放置しておくわけがないんです。
このことに早く女性が気がついてほしいと願っています。

過去何度もコメントを頂いて
syastaさんには本当に感謝しています。
今の幸せは得難いもの。
ずっとずっと大切になさってくださいね。
長くおつきあい頂いたことに感謝致します。
ありがとうございました!



| onimaru | 2016/01/07 20:46 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1416-a8fb5bd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。