不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫の認めたくない部分を認めた結果

不倫をやめることが出来た方から頂いたコメントです。
ありがとうございます!

お悩み中の方の心にきっと届くはず。
不倫っていうのは、現実逃避なんですよね。逃避していては見えるものも見えません。
直視したくない現実を直視できた時に、きっと自分を取戻せるはずです。


まだ「友達として」と言う彼から、私はスッパリ離れました!アドレスも消した!ワーイ!

そんで、離れてからね、ボロボロだったけど
「私は自分を本当に大切にしよう」と決意して、一日一日を、とにかく生きようって思って
毎日、「よし。今日も、ちゃんと生きた」って日記に書いて、カレンダーに、一ヶ月ずつ目標立てて、ズタボロの心をゆっくり自分でチクチク縫って半年過ぎた頃、一番認めたくなかったことを、認められたの。

「愛されてた」って思ってたけど、私のこと、好きだったとは思うけど、「愛されてた」わけでは無かったな。って。

愛してたら、本当に大切にするもんね。

「愛されてたわけでは無かった」ということをね、
自分自身が受け入れること、が、一番キツかったな。キツかったけど、受け入れられた。涙、久しぶりにめちゃくちゃ出たけど、
でも、今はもう、その痛みも、ちゃんと受け止められる。

「彼」が、居なくても、幸せだよ。

私は、「彼」が居ないと幸せじゃない!って思ってたけどね、違うよね、
幸せは、自分で創り出すものだよね。

ありがとうございます!
おっしゃる通りです。「愛している」(不倫男の慣用句)のであれば、いつまでも不倫なんていう不安定な立場に「大切な人」を置いておく訳が無い。

そういった、失礼とは思いますが「軽んじられる立場」にいつまでも甘んじている必要はないわけでね。

現実をちゃんと見て、認めることが出来た方だけが不倫から完全に決別し、本来の自分を取戻せるのです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 20:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

離れないと分からなかったこと

Onimaruさん、こんばんは。
先日コメントさせて頂きました、はるです。
先日のコメントに頂いたお返事と今回の記事を読んで、涙がポロポロ出てきました。

本当にありがとうございました。

何度も好きと言われました。疲れていても頻繁に会いに来てくれました。お小遣いを貯金してプレゼントをくれました。
でも、行動だけを見たらそれ以上のことは無かったんです。
私の予定や気持ちを乱すことはあっても、家庭のリズムを乱すことは無かったです。まさに「好きだったのだろうけど、愛されていたわけでは無かった」のだと思います。

離れてみて初めて、この恋の幸せは「自分を傷つけていることを見て見ぬふりをした上での幸せ」だったことに気づけました。


記事の中の「「自分を本当に大切にしよう」と決めて、1日1日生きていくこと、気付かなかったけど、ぼろぼろになってた自分をそうやって縫い合わせていくこと。
彼がいなくても、自分の幸せを自分でつくれること。」という言葉が今の私を勇気づけてくれました。

正直、以前の私はきっとピンと来なかったと思います。不倫の彼の言葉を信じきって、自分が傷ついていることに気づいていなかったから。
でも、彼から距離をとった今の私はonimaruさんや決別出来た方々のコメントがすごく尊いものに感じることが出来ています。そのことが今は誇らしいです。


別れを告げた数日後、彼から「本当は君との関係を真剣に考えてたんだよ。そのプランがあったんだよ。」と言葉をかけられました。
未練のある私は最後にもう一度話が聞きたいと思い、外で会う約束をしましたが、家族から外出の誘いを同時に受け、onimaruさんの「キーワードは友達と親孝行」を思い出して、日程の変更が出来るか聞いてみたのですが、彼の都合が悪かったらしく怒ってしまい、「もういい。」とのことでした。

「なーんだ。その程度なのか。」って淡い期待をしていた私は涙が出てきましたが、同時に以前なら絶対に彼の予定を優先していたなって、自分が強くなっていることにまたちょっぴり誇らしくなりました。

長々とすみません。
未練が無いと言えば嘘になりますが、寂しくて堪らなくなったときには、まずonimaruさんのブログで気持ちを落ち着かせようと思います 。

Onimaruさん、不倫日記を糧にされている皆様。
辛い気持ちは2015年に置いて、2016年は幸せな気持ちになれる年でありますように。
よいお年をお過ごしください。

| はる | 2015/12/31 01:04 |

はるさん

はるさん、こんにちわ。

>彼から「本当は君との関係を真剣に考えてたんだよ。そのプランがあったんだよ。」

どうですかね。申し訳ないんですが私には「後だしジャンケン」のように思えます。
プランって、温泉旅行じゃあるまいし。

全部が嘘と決めつける訳でもありませんが、なんでこのタイミングで?というのもあるし、
そんな大事なことであれば、口先よりもまずは行動を起こしているはずです。
そして、そんな考えがあったのに「君の決断のせいで、すべてがダメになった」という、
実に都合がいい言い訳が成り立つんですね。

もしかしたら本当にそんな希望があったのかもしれませんが、
あくまでも、お相手の「頭の中限定」の妄想にしか過ぎないようにも思います。

あわよくば、はるさんの決断を揺るがせることができるかも
ぐらいに考えていただけかもしれませんね。

未練というのは、まだ日も浅いですから残って当然です。
これからの日々でだんだんと小さくなっていくものですから、
そこは焦る必要はないんです。

>日程の変更が出来るか聞いてみたのですが、彼の都合が悪かったらしく怒ってしまい、

いやいや、ホントにもう、この方どこのVIPなんでしょうかね(笑)
ってたびたび申し訳ありません。
お泊り旅行に行くわけじゃないんですから。少しの時間も都合がつかないっていうのは
はるさんがお感じになった「その程度」なんだと思います。
好きになった相手、残念だとは思いますが、男女間の温度差というのは
いつも感じている事です。お相手だけが特別ってことでもないです。その辺は。

>よいお年をお過ごしください。

ありがとうございます!!
今年は不倫との決別といういい年になりましたね。
来年がはるさんにとって素晴らしい年になることを願っています。

今年最後の日に素晴らしいコメントを頂き、ありがとうございます!
感謝しています。



| onimaru | 2015/12/31 09:18 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1409-8c79317e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT