不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年もブラック不倫おやじ大賞を考えてみた

毎年好例、ブラック企業大賞のノミネート企業が発表されました。今年もそうそうたるメンバーが揃ったようですが、さて、これをマネして以前もやりましたが、ブラック不倫おやじ大賞というのを考えてみました。

でも、不倫おやじっていうと、どうも大賞にピンとこない。なんでかっていうとブラックだろうがそうでなかろうが、まあ不倫というところでブラックなのかもしれませんが、基本的に不倫男のイメージっていうのは、


小物感がハンパない

というところがどうも拭えなくて。大賞というイメージではありません。

まあ、例えば「復縁がしつこい」とか「別れようとしたら泣く」とか「デート代は全部女子持ち」とか「携帯は会社支給」とかね。いろいろあるんですけど、やっぱり「小物感」がハンパない。

こんな小物の皆様に「大賞」なんて似つかわしくないのではないか、とは思いました。やっぱり堂々としていない。どっかで大切な存在にウソつかなきゃなんないし、コソコソする場面も少なくない訳で、それ考えたらどうもなあ、というところ。って自分で言い出したんですけどね。


じゃあ、その逆はどうか。ホワイトおやじ大賞。私の知り合いに、「結婚してますます奥さんが好きになった」と公言している人がいます。こんな感じが「大賞」に相応しいのではないかと思います。

不倫してるおじさんのことなんか書いたって、ネタとしてはいいのかもしれませんが、もう本当につまらないし、かっこ悪いとしか思えないんですね。正直言ってせこい。安易すぎる。

やっぱり、一生大事にするってことをやり通すほうがずっとかっこいいですよね。

関連記事

| 思うこと | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1381-faf659c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT