不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫の言い訳が酷過ぎて

ネットを眺めていてクリックしなけりゃ良かった・・・ってことありますよね。
ないですか?私はあります。「何とか過ぎるなんとか」とか。まあほぼ釣りなんですけども、これもそうでした。

ああ、こんなもんクリックしなけりゃ良かった。でもせめてネタにしてやれって。


夫以外の「セカンドパートナー」がいるから結婚生活が安定――そんな主張は許される?


コレに納得するヒトもいるんでしょうけどもね。「セカンドパートナー」なんてカタカナにすると何となく意味ありげですけど、日本語に訳すと

間男

です。

前にソウルメイトなる言葉もコメントで拝見したんですけど、アレも間男とか不倫相手との違いがわからなかった。

まあよくわかりません。わかる必要もないんですが、どこをどう取り繕ったところで不倫であることに変わりはないわけでして、旦那も同じことをやっても何も言えるわけもなく。条件は同じなんですからね。これがホントのW不倫

家庭における奥さんの重要性ってたいていのおじさんはわかっているはずだし、背景にあるものが見え隠れするから、魅力的な奥様であっても、不倫なんてチラつかないはずですけどね。

それに魅力的な奥さんってのは、魅力的な旦那があってのことだから。「組し易し」ってところが見えちゃってるのかもしれないし。

どちらかが一方的に悪いってことはきっとなくて、そんなもんが必要になるようになった過程にはきっと双方に原因があるようにも思います。自分のいたらないかもしれない部分にフタしちゃって、それでセカンドパートナーなんて言ったところで、なんだかもう。

お目汚し失礼しました!次回はもうちょっとまともなことを書きたいです。

関連記事

| 思うこと | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1377-e7170729

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT