不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おやじを捨て、自由になったら、恋をしよう

いいタイトルですね!マネですけど(パクリとも言います)

最近は本当に「何が悲しゅうておやじなんですか?」としか思えない自分がいます。


不倫をしているから、しかるべきお相手との出会いの可能が潰れる。
極めて単純なお話であります。女性ってやっぱり基本的に1対1ですからおやじと続けつつも他を、っていうのはほぼ無理。

まあでも、本当に思うんです。それも心から。

なんでおやじなんですか?と。

あえて、ややこしい関係に身を投じる必要なんてないわけでしてね。「若い時の苦労は買ってでもせよ」という言葉もあります。これって歳をとると本当に理解できるんですが、それは苦労が実を結ぶような事でのお話ですからね。

嗚呼、なんてもったいない・・・と思う事もしばしば。というか常にです。

ラブホは似合わない

事情があるのはわかりますし、不倫って誰にでも起こりえることだとも思っています。でもあえて言えばやっぱり年上既婚男ってズルしてるんですね。申し訳ないんですが経験値の少なめな(若いから必然的にそうなります)女子と何とかなりたいと思えば、そうそう難しいお話ではないのかもしれない。

そんな相手との関係がプラスになるとは私にはどうしても思えないんですね。


恋をしよう。というのはわかりやすいからつけてみたんですが、意識する必要って実はないと思っています。不倫の理不尽で過剰なストレスから解放されればきっと穏やかでいい表情が戻って参ります。

いいことです。穏やかな表情は自分だけでなく周りを幸せにする力があるはずです。そんな穏やかな表情で送る生活の中で、ふと気がついてみると。

そんな感じの流れの中で何かあるのかもしれません。

関連記事

| 思うこと | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1362-061933cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT