不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まいにち、不倫脱却(19)

軽いです。余りにも軽いです。なぜ軽いのか。


不倫男の言葉はヘリウムよりも軽い


責任というものが皆無だからこそ、歯の浮くようなセリフもへっちゃらです。

困ったことに、これにコロリとまでは言いませんが騙されてしまうケースも少なくはないようですね。

そりゃ、そうです。不倫男が女子をどう見ているかはまた別ですが、少なくとも女性は相手を信じているわけですね。だからこそそうなったと言える訳でして。

ですから、ド定番のヨメとは不仲(コレはあいさつみたいなものです)とか、子供が●●になったら、とかその場限りの言葉がビシビシと出て来るわけです。

ハタから見れば「いや、それ騙されてますって」というような言葉でも、割と信じてします。理由はさっき書いたように相手を信じているから。

でも、ここで激しい矛盾が出てきます。「そんな人、旦那にほしいですか?」
いや、だって奥さん騙して、ヨソのおねえちゃんにちょっかい出してんですよ。

このあまりにも軽い言葉と行動の数々。どんな顛末を迎えるのかわかりませんが、私としては若くて将来も可能性もある女性が傷つかないことを願っています。

関連記事

| 思うこと | 21:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

onimaruさんこんにちは。
以前、二度程コメントさせていただきました。
あの経験は何だったんだろう、なんで思い出してしまうんだろう、という気持ちが消えず気持ちの整理の為に読ませていただいてました。
整理できました。
コメントの数々、
onimaruさんならではのお返事、
ずーっと読んできて、毎日不倫脱却辺りで、
よし!捨てよう‼︎と。
何を⁈後生大事に持ってたんです、手紙と写真を鍵かけた鞄に。。。あきれちゃいますよね。
どうでもよくなって読んでみると、
ありました…ヘリウムより軽い言葉の数々!
我ながら長くかかりましたが、そう思える自分になれてよかったです。
いろんな気持ちも燃えるゴミとともに成仏してくれることをでしょう。
onimaruさんには報告したくなりました。
ほんとうにありがとうございました。

| そらまめ | 2015/11/26 12:55 |

そらまめさん

そらまめさん、こんにちわ。
しばらくでしたね。
またコメントを頂きありがとうございます。

>よし!捨てよう‼︎と。

不倫が終われば、気持ちが自然にそういう方向に行くはずですから、いいことです。
そういったものを保存しておいて、何かいいことがあるかっていうと、
残念ながら、ないですからね。皆無といってもいいでしょう。
災いの元になる可能性はありますけどね。

不倫の脱却に成功した方は皆さんそうなさっています。
あとは、携帯を変えたりとか、番号を変えたりとか。
連絡手段があると、あまりいい結果にはならないですからね。

>ありました…ヘリウムより軽い言葉の数々!

相手に対して責任がない関係だからこその、
一見甘いけど、実は空虚な言葉の数々!
私もコメントでいっぱい教えてもらいました。
責任がある関係であれば、そんなに甘くも軽過ぎる言葉なんて
出ないですからね。今なら正直いって「キモイ」とお感じになるかもしれませんが
それはいたって普通の感覚ですから。

>onimaruさんには報告したくなりました。
>ほんとうにありがとうございました。

ごていねいにありがとうございました。
ご連絡を頂き、嬉しく思います。





| onimaru | 2015/11/26 21:56 |

onimaruさんこんにちは。
お返事ありがとうございます。
>実は空虚な言葉の数々!
ほんとにそう思います。
当時は何が言いたいのか理解に苦しみました。
参考までに書いてみます。

僕は○○ちゃんを愛しています。
それと同時に二人の子供も愛しています。
ようは、○○ちゃんを愛する気持ちと二人の子供を愛する気持ちがぶつかっているということです。
僕は愛に生きる男のようです。

と書いてありました。
今ならわかります。
この人が望んでいるのが現状維持だということが。
それ以上でもそれ以下でもなく。

ずいぶん昔に終わった話です。
自分の中にあった古傷が、よくわからない感情となって出てきてました。
でも、自分の中で消化できました。
onimaruさん聞いて下さってありがとうございます。
ここでほんとにたくさん助けていただきました。
感謝致します。

| そらまめ | 2015/11/27 08:52 |

そらまめさん

そらまめさん、こんにちわ
ご丁寧にありがとうございます。

おじさんの素晴らしい言葉の数々。
感銘を受けました(笑)

でもこうやって書き出してみると
ずいぶんと陳腐に見えるはずです。
閉鎖的で暗くて閉じた世界だから何か意味ありげですけど、
明るいところに引っ張り出してみると正体が見えてしまいますね。

それはそらまめさんにとっていいことですよ。

コメント頂きありがとうございました。

| onimaru | 2015/11/27 22:33 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1318-68aae512

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。