不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まいにち、不倫脱却(15)

まいにち、と言いながらサボってます。まあ今月はこれでいこうかなって思ってはいますが。

今日は核心に迫る!というほどではありませんが、どう見てもそうとしか見えないというところで。


不倫は年上既婚男の罠にはまるようなもの


年上既婚不倫男っていうのは不倫に対して確信犯的なところが大きいと思います。100パーセントとは言いませんが。

対して、女性はどうかというと、不倫に陥る前のことをちょっと考えてみてください。
年上既婚者なんて絶対にNGですよね。NGどころか恋愛対象外だったはず。まさか自分が不倫するなんて思ってもみなかった。という方が多いはず。終わったあとで「上司から(不倫に陥るように)仕組まれていた」なんてコメントを頂いた事もあります。

年上既婚者カモン!なんて女子からコメントをいただいたことなんかございません。


そう、私がコメントを拝見していて思うのは、「不倫したい年上既婚男の罠にはまって、不倫関係に陥ってしまった」ということなんです。上司(多くの場合)という圧倒的信頼関係があれば、不倫なんてそう難しい事ではありません。もっともそれがなければ、そこいらのおっさんでしかないわけですが。

女性が相手を「(他の誰でもない)一人の男性」として考えるのに対し、不倫既婚者は「(もしこのコがダメならあのコというような)不倫相手」として見ているように思えます。

そんなことはない、「愛されている」とか「大事にされている」と言うのであれば、そんな「愛する相手」を辛く苦しい立場に置いておきますか?いつまでもほったらかしで、自分は家に帰れば嫁の機嫌をとって、天下太平で大いびきで今日も寝ています。

もしかしたら、会った後一人残された女性は家で泣いているかもしれないのに!


不倫はやつらが仕組んだ罠かもしれません。

関連記事

| 思うこと | 22:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

onimaruさん

こんばんは。
いつも的確なコメントや記事に励まされています。
特にこちらの記事は、読んだ後につっかえていたものが取れたかのような、スッキリ感がありました。

本当に愛しているのなら、辛い立場に置かないはず。
納得です。

好きな人が泣いているかもしれない、苦しんでいるかもしれない…何て、おじ様達はきっと思わないのでしょう(例外もあるかもしれませんが…)

本気で好きなら、そんな立場にはさせないよなぁと考えていました。

最近は一人の時間を楽しむことが出来るようになりました。

ふと元相手を思い出すことはありますが、前見たく悩まなくなりました。

時間はちゃんと解決に導いてくれたようです。


| JBL | 2015/05/24 01:18 |

JBLさん

JBLさん、こんにちわ
いつもありがとうございます。

>本気で好きなら、そんな立場にはさせないよなぁと考えていました。

そう思うんですけどねえ。ハタから見ると。
でも女性は勘違いしがちかもしれませんね。
何が原因で勘違いするのか、私にはわかりませんが、
「言葉よりも行動」ですよ。

>最近は一人の時間を楽しむことが出来るようになりました。

いいことです。着実に前に進んでいるご様子。安心しました。

| onimaru | 2015/05/24 16:58 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1314-b6bfdf36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。