不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

進撃の不倫おやじ

思いつきで流行のマンガをパクリました。

主人公の「あいつら・・・駆逐してやる!」という有名なセリフがあるんですね。

自分の意のままに、と思っていた女性からいつかはまさに「駆逐される」んでしょうけども、そうとは知らず能天気に過ごすおやじは、巨人と共通するものがあるかもしれません。ナンも考えてなさそうなところはよく似てそう。


以前にも「戦う女性は美しい」ということで、アリスさんとか、セリーンさんにご登場いただきましたが、今回はこちらの方です。

ミカサさんとおっしゃるそうです(主人公でもないし、セリフのヒトでもないらしい)。
「そうです」というのは、アリスやセリーンは映画を見たので知っていますが、これはあまり知らない。有名なセリフとなんとなくのストーリーだけ知っていて、まともに見た事はないんです。


まあでも、本能のおもむくまま自分の欲望だけに突き動かされるという点において、不倫復縁願望おやじはゾンビとか巨人と似てるし、そいつらをバッタバッタと倒すアリスさんやミカサさんは、強くて美しいです。ミカサさんは2次ですけど。


ただ、映画やマンガとは違って、最終的な敵というのは実は自分なのかもしれません。

不倫との決別は、「不倫をしているイヤな自分」との決別でもあると、コメントを頂いてすごく納得したことがあるし、それ以降も同じような主旨のコメントを頂いているんです。

不倫おやじのパターンってのはだいたい決まっていて、正直言って大差ないように思います。ですから、あくまでも決別は自分自身。自分の中のモンスターと、どう対峙するか、というところが大事なのかもしれませんね。


もちろん、ひとまずの目の前の不倫ゾンビ巨人おやじに引導を渡すのは、自分自身であります。

関連記事

| 思うこと | 19:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1311-3b0f7a6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT