不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いいコだけでは自分を守れません

不倫が始まるパターンとして、既婚男性(特に上司)からのアプローチ。ときとして「猛」だったり「熱烈」だったりするようですけど、これが少なくないようです。

これは、私のイメージとかではなく、いただいたコメントをもとにですから間違っているとは思えません。

当初から「仕組まれていた」なんて方もいて、これはこれで「なるほど」と納得しました。十分にあり得るお話だと思うからです。


言ってしまえばもともとが「ハンディキャップマッチ」なんですよね。例えば、サッカーで言えば、

不倫既婚者のチームだけキーパーが3人

審判は全部不倫既婚者のチームの控え選手

そんな感じかもしれません。


相手は上司という圧倒的な信頼関係が、まずあるわけですから。そこを利用すれば部下と不倫に陥ることはそう難しいことではありません。

それがあるからこそ、成り立ってしまうと言えます。つまり「上司」を取り払って、一人の男性として見た場合には、きっと成り立ちません。そう考えると姑息ですよね。それにシビれるような休日のファッションとか知らないですよね?まあいいんですけど。

言い方は悪いかもしれませんが、もともとが負け戦にひきずりこまれているんです。

猛アタックを受けても意に介さない人だっているかもしれない。狙われたのは、いい意味でも悪い意味でも「いいコ」だから。

職場の女性に猛アタックするヒマあるんなら、家に帰って嫁に猛アタックでもしとけや、色ボケGGIが!なんて思うんですけどね。

仕事の面での指導とかあるんでしょうけど、そんなの職務として当たり前のことですから。「いいコ」だからこそ狙われてしまう。当初からそのつもりで(必要以上に)接近することだってあるでしょうし。

「いいコ」だけでは年上不倫既婚助平上司の魔の手から自分を守れません。時には強くなる必要もあると思います。

関連記事

| 思うこと | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1284-df88a2e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT