不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分の中の禍々しい感情

もしかしたら、身に覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。
不倫の怖いところですが、なぜ執着してしまうのか。

大切なのは、自分の中にある、その禍々しい感情を認めること。ですね。

そこをごまかしていては、問題解決が遅れるばかりか、さらにややこしく、決して引き返せないところに行き着いてしまうように思います。今の自分を素直に認めることこそが、大切だと思います。


不倫当時から、正直、彼がそんなに魅力的だったかというとそれはないな、と思っていました

じゃあ、何でこんなに苦しい?と考えたとき、「いつか自分が選ばれないなんて、認めたくない。」

snsで拝見する奥様の様子を見て、「この人より大切にされてないなんて、思いたくない。」「私のほうが美人だ、頭もいい、能力もあるしセンスもある、仕事も評価されてて興味感心の幅も広い。・・

ただ、ただ、結婚もできていないし子どもも育てたことがないだけ・・。」という気持ちでいっぱいでした。性格悪いですね、よくわかってます。

じゃあ、そのねじ曲がったプライドをどう満足させるか、というと、彼に選んでもらうしかない、となったわけです。

それに気づいたとき、戦慄しました。愛していると思っていた彼すら、道具だったのです。彼がどうこうではなく、私はキャリア独身として、子育てを至上としており、身の回りのことしか見えていない(ように見える)方たちにひどい軽蔑感と、劣等感を感じていたのだと思います。

それが、こんな執着として自分を苦しめることになってしまった。同時に、そういう方たちよりも、二番目として軽んじられたことに、どうしても納得できなかった。

モンスターです。自己愛なのです。彼の気持ちはわかりませんが、彼も私も自己愛の虜だったのでしょう。そして、不倫は自己愛のカタマリゆえに、どんなに人の道を説いて諭しても、渦中の当人には無駄なのだなと感じました。

長々とすみません。でもちょっとスッキリしました。繰り返しになりますが、自分の中にそういう禍々しい感情があることを自覚して、成長していきたいとおもいます。ありがとうございました!

ありがとうございます。自分自身でも認めるのは辛い事だったかもしれませんけども、そこができてこそ、未来も明るくなると思います。

愛情だと勘違いしていたものが、コメントにもあるように、実はねじ曲がったプライドだったりするわけで、本当に怖いですけども、そう認めることこそが、脱却につながるはずです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 17:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです

ご無沙汰しております。
あれから2年?ですか。たまーにのぞきにくるだけになっていたのですが、たまたま開いたら自分のコメントが引用されていましてびっくりしました。ありがとうございます。
その節はお世話になりました。
あれから紆余曲折ありましたが、現在は、婚約中です(笑)
不倫おじさんと付き合うと、四六時中愛してる愛してるかわいいよと言ってくれるものでして、当時は独身と付き合ったとしてここまで愛されるだろうか?と思っていましたが、大丈夫でした(笑)愛してると言ってくれるし大切にしてくれます。

禍々しい感情は、いまだに形を変えて、私の中にあります。けれども、それも私の一部であると、むしろ愛しいものであると今では思います。そんなとこもあるけど、一所懸命、誰かのせいにしないで生きていく、そうできていけたらいいなと思っています。

晴れた日曜日の朝に、一緒にいられる幸せを大切に感じていきたいです。onimaruさん、みなさま、本当にありがとうございました。

| syasta | 2015/02/01 13:39 |

syastaさん

syastaさん、こんにちわ。
しばらくでしたね。お元気そうでなによりです。

syastaさんから頂いたこのコメントのことは良く覚えていて、
ちょうど、自分が何に執着しているのか分からなくなっているような方から
コメントをいただいたので、参考になればと思いご紹介させていただきました。

>あれから紆余曲折ありましたが、現在は、婚約中です

よかったですね。私も嬉しく思います。
婚約とか入籍とか、苦しんだ方々からそういったコメントをいただけるのは
本当に光栄なことだと思っています。

この度はありがとうございました。感謝しています。



| onimaru | 2015/02/01 15:36 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1258-def3f4fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT