不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

半年ほどで目が覚めました

不倫に陥ってしまった原因が自分にあると認める事で、脱却への道が見えて来る事も少なくないと思います。

不倫おやじはそれほど大差ありませんから(すいません)あとは、自分自身がどうしたいか。

不倫との決別は、不倫相手との決別ではなく、不倫をしている嫌な自分との決別とも言えるはずです。自分自身の気持ちをよく考えてみることで、脱却への糸口をつかんだ方からいただいたコメントです。


こんなに自分が不倫にはまるなんて思っていなかった。相手への執着は、初めての経験でした。

でも、自分の気持ちを考察してみると、ふたつの結論に思い至ります。


1「不倫を選択した」という自分の決定を、覆したくない、自分を否定したくない、あわよくば正当化したいこと

2「奥様より自分の方が優っている」という仮説を立証したいこと


の、ふたつに限ります。

もちろん相手の気持ちとか、関係性の真実などは全く関係ありません。要は自分のプライドと信念を否定したくないだけです。

そういう恋から、半年ほどで目が覚めました。もう波が起きないように、乱されないように生きて行けたらと思います。

管理者さん、他の全ての方へ、有難うと言いいたいです。

ありがとうございます。

いつのまにか負の感情にとらわれてしまう。本当に怖いですよね。でも自分で気がつければまた道も開けるはずです。

そう考えると、女性を振り回しているのは不倫おやじもそうですが、もしかしたら自分自身である可能性もあるかもしれません。

現状を変える事ができる力を持っているのは、自分自身なんですね。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 23:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/01/30 22:53 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1256-6a4972a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。