不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チャンス到来

もうすぐバレンタインデーなんですね。

ま、私なんぞは何の縁もゆかりも無く、ただの「2月14日」が通り過ぎて行くだけなんですが、不倫の渦中の方にとっては本来「あまり歓迎できない日」なのかもしれません。何もバレンタインデーに限ったことではなく、お正月、クリスマス、夏休みなんかもそうですよね。

本来楽しいはずなんですから、そこでおかしいと疑問に思えば、これはもうチャンス到来かもしれません。


もちろん、不倫おやじにチョコレートを贈りましょうなんてことを言うつもりもなく、これは今の関係に疑問を持ち、矛盾に気がつき、関係を見直し、別の道を選択するチャンスと考えることもできます。

本来は楽しい日であるはずなのに、辛いとか、考えたくないとか。そんなのが変なんです。

何故、白昼堂々と手をつなぎ、何を贈ろうかとあれやこれやと想いを巡らせることがないのか。

それは、「お前が大事だ」とか「ヨメより好き」とか「愛してる」とか言いながらも、事が終わればさっさと家庭に帰るあいつらのせいではないのでしょうか。確かに時間はとれるのかもしれない。ほんのちょっと。

でもそんなことで満足してしまっていては、増々ハマり続けるだけのようにも思いますし、ハタから見たら「なんか下に見られてる」という印象は決してぬぐえないんですね。

まあ、どう考えるのかはその人次第なんでしょうけども、慎ましさと奥ゆかしさが特徴の撫子の方が自ら行く、という希有な日でもある訳ですから、大切にしていただきたいなと思うんです。

関連記事

| 思うこと | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1247-bac920f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT