不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

弱い相手には滅法強いのが不倫おやじ

大雑把に言えばそんな感じがします。

この場合、弱い相手というのは悪い意味ではありません。経験とか立場とか。まあ主に経験ですかね。


たまに、はるか年下の大学生と不倫相手に陥る既婚おやじの話をコメントで頂きますが、コレってセコ過ぎませんかね。と、いうのが率直な感想。

一人や二人ではありません。いますよ。そういうおやじ。


これってあまり勝負にならんような気がするんですね。勝負って言葉は適切かどうかわかりませんが。言い換えれば既婚おやじにとってみれば、「赤子の手をひねるような」ものだと思うんですね。

赤子の手をひねるようなマネをする男が尊敬をされるわけもなく、強い相手とは逃げ回り、弱い相手とばかり試合をするボクシングの●田と同じようなものなんじゃねーのなんて思いましたね。

ま、この場合の強い相手って奥様ですけどね。最強です。

果たしてそんな尊敬に値しない相手との関係が、どれほどプラスになるかっていうと、まるでならんと思うんです。

ある女性から頂いたコメントがこの手の手合いを端的に、的確に表していますが、いかがでしょうね。

愛人ほしけりゃ金積めば一発ですよ。甲斐性ないから手近で漁ってるだけ。

関連記事

| 思うこと | 00:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ごぶさたしています

こんにちは。
9月に相談に乗って頂いたみーこです。その節はありがとうございました。

あれから…結局深い関係にはなりませんでした。
向こうから会おうとも言われなくなりメールもこなくなりました。
私からも連絡を立ちきりました。
やっぱり体目当てだったんだと思いました。

一時期、そんな人に狙われるなんて私に隙があったのかと自分を責め相手に怒りも感じてきました。

その人はバツ1でその後、長い間付き合っている彼女がいて彼はずっと結婚したかったのに彼女が渋っていて(理由は謎です)やっとこの間結婚出来たと同僚にうれしそうに話していたそうです。
結婚した1カ月後に私に声をかけてきました。

幸せいっばいではなかったのでしょうか?

最近関わることがなく段々気にならなくなっていましたが先日会社のイベントで長い間一緒にいてまた少し気になり始めてしまいました。
向こうは同僚として普通に接してきました。


毎日顔を合わせながらどうしたら気にならなくなるのでしょうか?
こんな男さっさと忘れたいです。

| みーこ | 2014/11/24 17:01 |

みーこさん

こんにちわ

>あれから…結局深い関係にはなりませんでした。

良かったと思います。もしそうなってしまっていれば
抜け出すのは今よりもずっと難しくなりますから。想像以上ですよ。

>幸せいっばいではなかったのでしょうか?

どうでしょうかね。
普通に考えれば他を見ることなんてないと思うんですけどねえ。

>毎日顔を合わせながらどうしたら気にならなくなるのでしょうか?

ほっとけばいいんじゃないですか。
職務上は接するのはやむを得ませんので、そこは大人の対応でしょうね。

無理に忘れようとすると、それこそ無理があります。
みーこさんご本人が今まで以上に周りの人との関係を大切にしたり
お仕事にはげんだり。
そうすれば、いずれそんな男が果てしなく小さく見えるはずですよ。
焦らずにご自身を大切になさってください。


| onimaru | 2014/11/24 19:58 |

コメントありがとうございました。
最近、彼が挙式を2月に挙げるとかな会ったことのある人に奥さんがとても綺麗など耳に入るとやはり落ち込みます…。

そんなに幸せでも私に手を出した彼の満たされない態度(病気?)に呆れつつ自分は自分の幸せに進んでいこうと思います。

本当に一線を越えたら大変だったと思います。
そんな踏みと止まった自分を誉めそのままより良い方向に向かっていきたいと思います。

| みーこ | 2014/11/28 23:25 |

みーこさん

こんにちわ

>会ったことのある人に奥さんがとても綺麗など耳に入るとやはり落ち込みます

人の話というのはよく聞こえるものですよ。隣の芝生はなんとやら、ですね。
それに「キレイな人」の基準は人によって変わるものです。

私は「あの人の奥さんがキレイ」という噂の奥様にお会いした事がありました。
もう、激しい衝撃を受けましたね。
噂を流したやつは全員、眼科にいけや!!!!って感じでした。

というように人の話などアテにならんものです。
気になさることはございません。
深い仲になってしまわなかったのは、必然です。
強い意志が今の結果につながりました。
これはすごく大きなことですよ。
後々、あの時に踏み込まなくて良かったと思える日が来るはずです。

| onimaru | 2014/11/30 09:41 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1224-1a15919f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT