不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ド底辺不倫おやじと思った出来事」おもしろ5

タイトルはこちらの記事をパクリました。

300人調査「ド底辺企業と思った出来事」ワースト5

順不動で参ります。なお、適当に作ったわけではなくて全て頂いたコメントから抜粋です。


連絡用のアドレスが会社のもの

いるんです!ほんとに。怖くないんでしょうかね。どうして私用アドレスを教えないのか、私にはさっぱりわかりませんが「なんか小さい」とだけは思いましたね。


ラブホのメンバーズカードを作り、女子に持たせる

ほんとにいたーっっ!!ま、いいんすけどね。カップルだと微笑ましいなんて感想も持つかもしれませんが、不倫だとちょっと「せこい」という印象を持ちました。


復縁拒否で、手のひら返し

よくあります。珍しくありません。可能性があるうちは(それもおやじの思い込みなんだけど)甘い言葉をかけるも、復縁工作が不発に終わると恐怖の手のひら返し。


数年前に終わった不倫なのに突然の連絡、しかも会社用アドレスに

さすがに、呆れたそうですけどね。まだ自分に気持ちが残っているって勘違いしているんでしょう。


女子にお金を借りる

この瞬間でもう消えましょう。やめましょうね。何度か同じようなコメントを頂きましたが、完済率ゼロパーセントの実績があります。


まあ、まだ色々あるんですけど今日はこの辺で。
気がつけば今年も残り少ないですけど、充実した日々をおくられることを願っています。

関連記事

| 思うこと | 00:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
以前に、今から別れをしにいくと言った者です。しかし、結局別れられずにいます。
その日に誕生日プレゼントをもらい、
別れを言えずにずるずる引きずっています。
ただでさえ、奥さんの元に帰られるだけで辛いのに、相手は女性の多い職場のため、周りにはほぼ女性しかいません。
彼にわざわざ会いにきてたくさん楽しそうにお喋りして帰っていきます。
私の目の前で。
人として、とても人気な方なのです。
それをみて、辛くて泣いてしまいます。
別れたほうが楽なのに、執着しているようです。
別れても、まだ毎日顔を合わせなければならない状態です。
そのような状態でもきっぱり別れられるでしょうか( ; ; )

| かえ | 2014/11/20 20:34 |

かえさん

こんにちわ。しばらくでしたね。
状況が好転していないのは、残念に思います。

>人として、とても人気な方なのです。

うわべだけという気がします。
不倫している事実を知れば、周りの女性達は「どん引き」でしょうけどね。
もし知ってしまえば、明日からサーッと引いていきます。

失礼ですが、不倫相手にかえさんを選んだのは
「組し易し」と思った可能性もあります。
まっとうな考えの持ち主であれば、かえさんのようなお年頃の女性に
ちょっかいを出すだなんてあり得ないわけでしてね。
お相手は残念ながら、そういった計算ずくで不倫しているように思えます。
現実として、相手のおもうつぼにハマってしまっていますし。

もったいです。今はすごく輝く時期でもありますし、楽しいお年頃。
関係の継続は、かえさんの今後の人生にとって決してプラスにならないばかりか
マイナスにも十分なりえると考えますが、いかがですか。

| onimaru | 2014/11/21 08:45 |

お返事ありがとうございます。
この三連休しっかり考えてみました。
今の私に必要なのは、彼ではないのだと
思います。
私はただ遊ばれてるだけなのだと…
感じるようになりました。
私も不倫から、脱出して綺麗になりたいと思います。
こちらのブログを過去をさかのぼって読ませていただこうと思います。
背中を押して頂ける気がします!

| かえ | 2014/11/24 19:39 |

かえさん

こんにちわ

>私はただ遊ばれてるだけなのだと…

残念ながらそうです。もっとも相手に問いただしたところで
必死で否定するでしょうけどね。

でもその事実に気がつけたことは意義があります。
そういった関係を継続することはご自身の価値を下げまくってしまいます。
これから先の人生には決してプラスにはなりませんのでね。

自分をもっと大切になさってください。

| onimaru | 2014/11/24 20:11 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1223-65147c2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT