不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

背筋を伸ばして

不倫をしていると、残念なことに「不倫しかできない」ことになりかねません。

もう終わってしまいましたが、夏のお休みなんていい(悪い?)例ですよね。アテにならない携帯握りしめて、無為に過ぎ去って行く日々。

嗚呼、なんてもったいない。

人生は自分のものです。不倫おやじなんかに振り回されるためではございません。そのことに気がついた方からいただいたコメントです。


この1年3か月。わたしは自分の人生ではなく彼の人生を生きていた気がします。自分の人生は置き去りにされていました。

今夜はボロボロでも明日の朝はカチッとスーツを着てヒールを履いてカツカツと背筋を伸ばして出勤します。

それがわたしの生きる道です。

ありがとうございます!背筋を伸ばして歩けばこそ、女性は美しいものです。

背中丸めてうつむいていちゃあ、咲くものも咲かなくなります。顔を上げてあるいてこそ、です。

弱気になりそうな自分を奮い立たせて、前を向いて歩く。きっと先は明るいはずです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 23:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは
「背筋を伸ばして」本当に本当にそう思います。しっかり顔を上げて前を向いて歩んで行きたい。そう思います。

私、自分を責めていました。もちろん反省の意味を込めて。でももう止めます。おじ彼なんてだらしがなくてご都合主義で呆れる程嘘つきで。騙される自分も愚かだったけれど、人の一番大切な心を踏みにじる輩に対しては罪の意識なぞ持たなくて良いと結論付けました。
情けない事に最近まで何時までたっても、あの人だけは違う…私は違う…なんて幻想がずっとつきまとっていました。
でも現実をしっかり受け入れる事ができればおじ彼って笑ってしまうぐらいonimaruさんがここで話している通りなんですよ。

そんな輩でも心から愛した人です。つらいですよね。普通なら簡単には忘れる事など出来ないですよね。でも背筋を伸ばして前を向く…私も頑張って顔をあげて生きて行きたいです。
ここにいらっしゃる皆様よりずっと時間がかかっているけれど…

| c-chan | 2014/08/25 17:42 |

c-chanさん

こんにちわ。しばらくでしたね。

>情けない事に最近まで何時までたっても、あの人だけは違う…私は違う…なんて幻想がずっとつきまとっていました。

残念だとは思いますが、おっしゃるように幻想なんでしょうね。
でもそれが幻想に過ぎないことに気がつけたのは大きなことですよ。すごく。
そこに気がつくか、気がつかないかが、不倫と決別できるかできないかの
分かれ目だと思います。

>つらいですよね。普通なら簡単には忘れる事など出来ないですよね。

そうなんです。そういう現実もあるんですね。
いくら幻想に気がついたとは言っても、その瞬間から、ハイ!スッキリ!
なんてわけにはいかないですからね。

でも大切なことに気がつけたんですから、先は明るいはずですよ。
おっしゃるように反省はもちろん必要ですが、そこばかりやっていても
先に進めませんからね。

c-chanさんは、前に進めるいいキッカケをつかむことができたと思っています。


| onimaru | 2014/08/25 22:41 |

初めまして。始めのほうから拝見させて頂きました。
最近突然終わりがやってきて棄てられた独身です。
切ない思いは一緒なんだと思いました。今はまだ気持ちに整理がつきませんが、こちらのブログを読みながら前を向いて行こうと思います。

| やまちょげ | 2014/08/26 20:44 |

やまちょげさん

はじめまして、よろしくお願いします。

突然の終了は、大変に辛いと思います。
でもこの関係がずっと続くのかといえば、そうでもないんです。

こういうことを申し上げるのは気が引けますし、
また申し訳ないんですが、
「早いか遅いか」と言えるかもしれません。

それに不倫で納得のいく別れというのも、なかなか難しいものです。
形はどうあれ、ここがスタートなんです。

| onimaru | 2014/08/26 22:38 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1199-b519e1b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT