不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幼稚な架空恋愛にどん引き

架空請求、架空恋愛。架空とつくものにロクなものはないんですね(もしあれば、ごめんなさい)。

でも確かにそうですよね。なるほど!なんて思う訳です。そりゃあ確かに大人がやることです。でも中身って確かに幼稚かもしれませんね。


相手には家庭があるとわかっている理性、自分は2番目だからといつも我慢している気持ち、どんなに冷たくされても相手のことが好きだから何でも受け入れて都合よく対応してしまう自分。

考えただけで疲れますね。いや~こんな毎日、はっきし言って、嫌です。私、ドン引きです

やめたくてもやめられない方、私も経験者です。色んな感情と必死に戦っていると思います。

でも、本当はそんなに必死に頑張らなくていいんですよ。相手に合わせる必要なんてないし、生き方は自分が生きたいように生きればいいと思うんです。

わがまま言ったって全然いいんですよ。
それで相手が聞いてくれなかったら、やっぱその程度の関係なんだって割り切って、夢を見るのをやめましょう。

嫌われたくない、居なくならないでほしい。この気持ちもすごくわかります。

でも本当に必要としていたら、あなたの為にどんなことをしてでも頑張ってくれると思うんです。私達が自分のスケジュールを相手に都合よく合わせ続けたように...。

不倫ってなんか不思議な経験でした。ただのままごとみたいな架空恋愛?
大人なのに幼稚な世界過ぎる!うん!もう完全にくだらない関係ですね

これから少しずつ笑って、話せるようなそんな気がします

ありがとうございます!私も言いたい事を言っちゃえばいいのにって思うんです。そこで彼らの正体が暴露されるんですから。

もしかしたら何か言ったところで、何の解決にもならないことをうすうす感づいているのかもしれないですけどね。

不倫を続けるという選択においては、確かに何の解決にもなりません。だって彼らには解決策が皆無なんだから。女性の我慢だけがこの関係を支えているんです。

恋愛だとおっしゃるのであれば、1対1の恋愛のように振る舞えばいいと思います。そうすることで今の関係の限界というか、小ささ。まさにコメントで頂いたような「ままごと」的な面に気がつけるかもしれません。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

オニマルさまお久ぶりです!

お久しぶりです。ゆきなです。
不倫から卒業して約1年3ヶ月経ちました。
最初わ辛かったけど、今わとっても幸せです^_^

今の彼とのやりとり中、ふと考えるんです。
幸せだな〜って。

あのときの辛かった気持ちわ今でも覚えているので、何気ない会話すら幸せって思える!
もうすぐ彼と付き合って一年になるのでお互い当たり前な存在って思ってきてしまってますが、そんなこともへっちゃらです笑
一緒にいれる事、一緒に将来の事を話し合える関係がもっとも幸せですもん!
罪悪感もなく生活できるから。

いい経験は出来たんじゃないかな〜とわ思ってます。
でも、周りの友達が不倫をしているとゆー話を聞くと人ごととわ思えなくなり、あのときの思い出が蘇って、たまに夢にでてきますけどね!
でも、起きたら大好きな彼が隣にいてくれてるので安心します!

周りの友達にも
このオニマルさんブログを読んでる方にも早く不倫から卒業してもらいたいです。
一回きりの人生なのに、長々と不倫なんて本当にもったいなさすぎます!!!

みなさんが心から幸せだと感じられ、みなさんに真実の愛が早く見つかりますように願ってます。

またコメントさせてもらいます♫

| ゆきな | 2014/04/23 12:55 | ≫ EDIT

ゆきなさん

こんにちわ、しばらくでしたね。

>一緒にいれる事、一緒に将来の事を話し合える関係がもっとも幸せですもん!
>罪悪感もなく生活できるから。

何よりですね。後ろめたい思いや、嘘や隠し事のあるおつきあいは
女性にとって決してプラスにはなりません。マイナスにはいっぱいなりますけどね。

周りの人の不倫のお話はほっとけばいいです。
本人がその気にならない限り、決して終わりませんから。

>一回きりの人生なのに、長々と不倫なんて本当にもったいなさすぎます!!!

本当にそうですよね。特に若い時期なんてあっという間に過ぎ去ってしまうものです。

不倫おやじごときで、大切な時間を失ってしまうことがないようにと、
私も願っています。


| onimaru | 2014/04/24 07:56 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1161-10c5b9b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT