不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たまに自分で書いてみました

こんにちわ。
せっかくコメントを頂いたのにお返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

今後はこのようなことがないようにしたいと思います。


さて、2006年に始まったこのブログも先月で8年になりました。

これも全て皆様に支えられていてこそ、なんですね。心から感謝いたします。

これからどうしようかなあ、なんて思う事もあって。
まあでもせっかくですから10年なんて考えもあるんです。

おかげさまで、信頼と実績の300名様。なんですが、信頼と実績の1,000名様。なんてところまでいけばこれはもう、圧倒的な説得力になるわけでしてね。もちろん今でも充分に説得力があるんですけどもね。

もうちょっと自分で書くものを増やそうかとも思いますが、まあ「不倫はもったいないですよ」と、基本はコレだけですからね。

どれだけもったいないかは、それはそれはもうスゴいものです。


ホテルに行き、おっさんと関係を重ねる。

私にはこの行為が、単純にそこに関わった時間以上のものを削り取られているようにも思います。まあ、お前が言うな。っていうのもありますが。

不倫がなくなるわけではありませんが、このブログが何かを考えるきっかけになれば、と思います。

関連記事

| 思うこと | 00:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

このブログがきっかけになれば、、、とOnimaruさんはおっしゃっていますが、確かにそう思います。
ここにたどり着くということは、私たちみんながこの関係に病んでいるわけで病んでいない人達は知りもしない世界です。
やはり、病むような関係でいた(いる)わけで、どちらか一方が病むような関係はおかしいのだと思います。
そしてここで背中を押され、間違いではないと確信出来るOnimaruさんやみなさんのコメントがいただけるんだもの。間違っていたのは今までの事で、決断できたのは間違いじゃないと!

私も、だんだんと憎しみも薄れてきています。オヤジへの感情じたいがなくなりつつあります。(このまま1人で終わるのかな?!という不安は大きくあるけど)

お別れしてスッキリ→楽しい解放感→つまらない→憎しみ、、、と辿ってきてますが自然な感情だと思います。だから自然に逆らわず受け止めていくのがいいのかと思っています。基本的な別れて正解という部分は変わらないんですから。

別れたそばから憑き物がとれたようにはいきませんよね。だから今は自然に当たり前の時間に流されていきたいと思っています。

誰との別れでも辛くてキツいものだから、受け止めていくしかないし、時間はやっぱり必要ですよねOnimaruさん!



| かおり | 2014/03/08 00:07 | ≫ EDIT

かおりさん

こんにちわ。しばらくでしたね。
その後いかがでしたか

>やはり、病むような関係でいた(いる)わけで、どちらか一方が病むような関係はおかしいのだと思います。

残念ではありますが、そういうことなんですね。
しかも、「病んでない側」からのアプローチで始まることが多いように思います。
女性が人知れず流す涙、なんてことに想いを馳せることなどなく。
とは言っても、想いを馳せたところで彼らに現実的な解決策があるわけでもないんですけどね。

>だから自然に逆らわず受け止めていくのがいいのかと思っています。基本的な別れて正解という部分は変わらないんですから。

おっしゃる通りですよ。それがいいです。
一時は好きであったにせよ、いずれ想いは消えるものです。
無理に忘れる必要もなく、日々の暮らしの中でだんだんと小さくなっていくはずです。
でも意識的に回りに目を向けるようにしたほうがいいですけどね。

どうしても時間は必要で、特効薬がないのが現実ですが
お手伝いしてくれるものってあるんです。
お仕事だったり、お友達だったり。
そしてそれらの大切さを改めて実感することができれば、
もう大丈夫だと思いますよ。
健全な精神状態に戻ることができれば、年上既婚男なんて「ありえない」わけですから。


| onimaru | 2014/03/08 01:37 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1136-43f282cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT