不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年の漢字 2014

昨年は多くのコメントを頂き、ありがとうございます。心から感謝しています。

さて、毎年、年の初めに今年の漢字なんてものを決めてます。

今までに、凛、結、咲などがありました(去年は「笑」)。


今年は、 にします。

お友達やご両親のおかげで不倫を断ち切ることが出来た方は少なくありません。本人の気持ちが一番大切なのは言うまでもありませんが。

そういった大切なところに気がつけばきっと不倫とはおさらばできるはずです。不倫相手との関係なんて、取るに足らないことと、思えるようになるかもしれません。

本当に大切にすべき人は誰なのか。どうか見失わないでくださいね。


去年達成した、200名様も今年は、300名様まであとわずか。って私が何か成し得たということではないので恐縮ですが、それでも300名様というのはすごく説得力があると思っています。

関連記事

| お知らせ | 20:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

灯りへ

onimaruさん、あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
絆、本当に素敵な言葉ですね。友の絆、家族の絆、夫婦の絆、親子の絆。どれも歩み寄り、譲り合い、思いやり、育んで行くものですね。
こう考えると、不倫は相手と対等な関係ではないので「寄り」や「合い」に無理をしてしまいシンドくなるんでしょうね。
不倫から抜け出すには、正論をぶたれても、サレ妻さん(変な言葉ですよね)の苦悩や気持ちを知ってもなかなか難しい。自分の磨り減りに「もう懲り懲り」と思い立ち上がり、更にこのサイトのように、「抜け出せたらこんなことも、あんなこともある」と断ち切る先の灯りを示してもらえるのが1番良いのではないでしょうか。onimaruさんは、本当に良い所業をされていると思います。
今年も応援しています。

| アオイ | 2014/01/02 22:17 |

アオイさん

アオイさん、明けましておめでとうございます。

昨年は色々とありがとうございました。感謝しています。

>不倫から抜け出すには、正論をぶたれても、

そうなんですよね。渦中の人に正論をぶって、それが効果的かと言えば
疑問です。正論が効くのであれば、そもそもが不倫には陥っていないはずですから。
やっぱり抜け出すのには、本人の強い意志がまず必要ですね。

>本当に良い所業をされていると思います。

ありがとうございます。でも実はこれは皆さんのおかげなんです。
皆さんに支えられてこそ、なんですね。

コメントありがとうございました。
今年がアオイさんにとって素晴らしい年になることを願っています。



| onimaru | 2014/01/02 23:20 |

お久しぶりです。

明けましておめでとうございます。
昨年9月頃にご相談させて頂いた花子と申します。
新年早々、私の中で変化がありコメントさせて頂きます。

昨日、1月1日から不倫相手である上司と私は仕事でした。
帰りにホテルに誘われ断ると、いつもは別れ際改札前で5分くらい話してから別れるのに、今日は早く家に帰りたいからとさっさと帰っていきました。
ホテルに泊まらないかと誘ってきたのにその態度の変わりようにショックをうけました。
その後、メールがきて家族の話が書いてあり、私は、嫌われることを覚悟で家族の話は嫌だし、家族の元へ帰る上司も嫌だ、私は貴方にとってなんなのか?というような内容のメールを返しました。
すると「彼女、恋人だなぁ」と返ってきました。
よく分からなくなってしまい返事を返していません。
家族がいて彼女がいるっておかしいですよね?
当たり前のようにそう返信してきた不倫相手に違和感を感じました。

以前、onimaruさんに自立についての記事を勧めて頂きましたが、そのあとから仕事が忙しくなりストレスから不倫相手に前にも増して依存するようになりました。
このまま抜け出せないんじゃないかと思っていた矢先、12月の半ばにようやく仕事が落ち着き、休みもまともに休めるようになり、半年ぶりに友達と会っているうちに私の中で少しずつ、今の関係に疑問が出てきました。

前はやみくもに別れることを目指していましたが、今年は自立した女性を目指して自分を磨き、弱い自分との別れを目指していきたいな、と思います。

| 花子 | 2014/01/03 00:23 | ≫ EDIT

花子さん

明けましておめでとうございます。

>ホテルに泊まらないかと誘ってきたのにその態度の変わりようにショックをうけました

残念でしょうけども、お相手がおつきあいの中で何を最優先しているのか
見えて来たのではないでしょうか。

>半年ぶりに友達と会っているうちに私の中で少しずつ、今の関係に疑問が出てきました。

いいことです。不倫に陥ってしまうと、どうしても不倫の中に閉じこもりがちです。
結果としてますます、不倫相手に依存してしまうことになります。
外に目を向けるのはいいことです。これもきっと必然なんですよ。
活かしてくださいね。

>今年は自立した女性を目指して自分を磨き、弱い自分との別れを目指していきたいな、と思います。

それがいいです。やみくもにやっても、いつまでも引きずったり
あるいはカンタンに復縁しちゃったりですから。
本当の意味で自立出来た時、きっと不倫がつまらないもの、狭い世界のもの
と感じることが出来るかもしれません。そうなればあとは早いです。

今年が花子さんにとって素晴らしい年になることを願っています。

| onimaru | 2014/01/03 15:11 |

花子さんへ

初めまして。上司と8年に及ぶ不倫をしていた者です。
現実が見えて、断ると言う行動も取れて、本当に良かったですね。
私は何度も別れに失敗し、最後は転職して抜け出しました。もうそれしか抜け出す方法が見つかりませんでした。
同じ職場、しかも上司となりますと、下手したら会ってない時間の方が少ないような感じで、渦中を思い起こせば、公私共にがんじがらめでしたね。嫉妬から起こる浮き沈みばかりを繰り返す激情に、自分で自分を持て余し、毎日辛くてたまりませんでした。何度も別れを決意し、同じ数だけ失敗しました。ほだされたり…自分が仕事のトラブルを抱えている時など、また公私で頼ってしまったり…
花子さんは、同じ職場でも毅然と対応出来ていて立派ですね。私とは違います。
転職は…やはり大変ですから、出来ることなら今の環境で離れられれば1番良いですね。意志を強く持ち、会社は仕事の場と自分に言い聞かせ、是非このまま頑張って下さい。
抜け出せると、また必ず素敵な出会いがありますから。転職後に、私にも自分には勿体無いような人との出会いがありましたから。
心から応援しています。

| アオイ | 2014/01/05 23:01 |

アオイさんへ

初めまして。
コメントありがとうございます。
こんな見ず知らずの私にコメント下さってすごく嬉しいです!!
私も何度かやみくもに別れようとしましたが、アオイさんの言うように会っていない時間の方が少なく何度も失敗しました。
今も、誘いを断り始めたばかりで、まだ、きちんとお別れするまでには時間がかかりそうですが、アオイさんの言葉を胸に頑張ろうと思います。

| 花子 | 2014/01/07 08:29 | ≫ EDIT

花子さん、お返事ありがとうございます

何度もすみません。

同じ職場での別れは、本当に難しい。
多分、私情がどうであれ、仕事と言う目的のために、毎日一体感を持つ時間があるからではないか、と思います。また、確かに仕事中の男性は輝いて見えますし、上司なら、いつも自分の先を歩き、それが頼り甲斐として私には映りました。
私がそこをなかなか辞めれなかったのは、母子家庭と言う事情もあり、安定した待遇を手放せなかったと言うのが大きかったです。実際仕事はきつかったですが、給与は良かったです。と、言うのは言い訳で、あくまでも自分が弱かったんだと、今は思います。
振り返りますと、上司であり私的な関係でもある相手に、かなり支配されていたとも思います。辞める、と口にすれば、「お前が母子家庭をやって行けるのは、ここの給与があるからだ(俺のお陰だ)、他へ行けばまた一からだぞ。それに俺の下でないと、お前は力を存分に発揮出来ない」などなど。想う人にこう言われ続けると、人間不思議なもので、そうなんだ、私は他へは行けないんだ、なんて思ってしまうんですね。行ってはいけない、と言う禁止ではなく、「行けない」…
ただ、支配をされた私にも、やはり原因がありました。元夫のギャンブルで離婚し子供を抱え、大変不安な日々でした。明るくしていたつもりなんですが、誰かに頼りたい気持ちがあったんだと思います。

花子さん、上述内容で何か花子さんの状況や気持ちの動きに似た点はありますか?
もしも参考にして頂けるなら、私、幾らでも話します。それで花子さんが現状を少しでも客観視でき、渦中から抜け出せるなら、それが一番良いと思います。続けていると、もっともっと辛くなります。自分から湧き出るドロドロに自分を沈め、自分を蔑んでしまう前に、是非脱却して下さい。
自業自得なのですが、私にとってこの八年を過ごした30代は、どうやって息をしていたのか思い出せないほど、苦しく辛かった。こんなものは、実際、要らぬ経験なんです。

onimaruさん、花子さん、
長々とすみません。

| アオイ | 2014/01/07 21:41 |

アオイさんありがとうございます。

アオイさん、私のためにたくさんのお言葉ありがとうございます。
なかなかお返事出来なくて、すみませんでした。
アオイさんと似ている点を言えば、相手がどこか心の支えだというところです。
話は少しズレるのですが、私は今、職場に1人、合わない男性上司がいます。(仮にAさんとします)
不倫が始まるあたりというのが、そのAさんと合わないな、と思い始めた頃でした。
例えば、Aさんにコピーを頼まれ、数を数えて渡したところ、しばらくして「1枚足りない、だからお前はダメなんだ!」と怒鳴られ、結局Aさんが2枚重ねてみていただけで本当はあったり、入社した頃、Aさんに仕事のことを聞いたところ「何で俺がこんなこと教えなきゃいけないんだ!ここは幼稚園じゃねぇんだぞ!」と、経験もない小娘が知らないようなことを怒鳴られるといった感じで、とにかくすぐ怒鳴りちらすAさんにストレスが溜まる一方でした。
年の近い同僚に愚痴の1つでも言えればいいのですが、20代が私以外に2人しかおらず、そのうちの1人がAさんのお子さんなので相談出来ず、また2人は長期出張が多く、なかなか会えず、気軽に話せる人がいませんでした。
周りもAさんに不満はあるものの、我慢するしかない、と。
私の今、座っている席はコロコロ人が変わるので有名で、私が入社して半年の時、よくもったと周りから褒められたぐらいでした。
ただ、Aさんのすぐ怒鳴りちらす感じを流せず、どう自分の中で対処すべきか悩んでいました。
ちょうど不倫相手である上司と帰りが同じ方向なので帰りが合えば一緒に帰っていたのですが、時々、上司は私が悩んでいるのを察してなのか帰りに急に「飲みに行くか!」と誘ってくれ、そこで私が悩んでいることを相談したりといった関係が続きました。
私は愚痴を話せ、何でも相談できるよき理解者を見つけ、頑張ろう!となっていた頃、その上司が休みの日も誘ってくるようになりました。上司は単身赴任で寂しかったんだと思います。
私は何度か断り、奥さんとお子さんを大事にして下さい、と伝えたりしましたが、結局は彼を心の支えにしてしまう結果になりました。
だから、やめるためには、私が仕事を覚えることで、少しでも仕事のストレスを減らしていくこと、とにかく誰かにすがるのではなく、気持ちに余裕を持てるようにしていかなければ、やめられないんじゃないかなぁ、と思っていますが、今すぐやめるといった解決法ではないので、考えが甘いかもしれないです…

長々とonimaruさん、アオイさん、すみません。

| 花子 | 2014/01/10 19:57 | ≫ EDIT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1117-54d5aec0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。