不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫から抜け出し思う事

不倫から抜け出すことが出来た方から頂いたコメントです。

すごく重要なヒントがあると思いますが、さていかがでしょう。


渦中から抜け出し、よく思うのは

無い物を躍起になって探し、欲すより、今あるものを再確認し、十分幸せ、だと言うことです。衣食住足り、子供健康、私健康、働く場所がある。十分です。ただ、その根本は自分の心の安定なんですね。大袈裟に言えば、自分で自分の存在を肯定できる、と言う感じでしょうか。渦中にいた時は、この心の安定が絶対的にありませんでした。


自分の目の前にあることや、周りで発生する事象を一般的に「現実」と呼びます。そこに何があるから幸せで、何が無いから不幸せではなく、それらを自分がどう捉えるか。幸せや不幸せは、自分の心と気持ちの有り様なんだと思います。不倫から抜け出せて本当に良かったです。心から笑えるようになりました。

ありがとうございました。
いわゆる単なる正論に終わらない、克服した方の言葉だからこそ説得力があります。

最初にありますが、

自分で自分の存在を肯定できる、と言う感じでしょうか。

自分で自分の存在を肯定的に考えられてこそ、不倫からの脱却があると思えるんです。渦中にいる方のコメントにはどうしても自己否定的なところがあるように感じてしまうこともあるんです(大変に申し訳ないんですが、どっかにそんな雰囲気があります)。

それはもしかしたら、不倫をしているという後ろめたさなのかもしれません。

どうか、今の幸せを大切になさってください。そうすればきっと何か見えて来るはずです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 21:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

良いお年を〜

onimaruさん、コメントを取り上げて頂き、ありがとうございました。

不倫渦中で自己に否定的になるのは…多分、想う相手に対して、泣いても喚いても、そう、例え私が今、一つしかない命をかけても、状況は何も変わらない。でも相手は私を愛している、と言う。1番愛されているはず(と、思うことでしか自分を保てない)なのに、形にならない。要は相手とその状況に対して、何の影響力もない自分→想う相手に私だけを見て貰う魅力すら無い自分=存在価値がない。私の場合はそういう思考でした。
でもね、相手云々ではないんですよね。自分が我慢さえすれば、いつまでも続きそうな不毛な日々、なら「私が」どうしたいのか?なんですよね。実際「私は」逃げたしたくてたまらなかった。しかしそこでまた考えるんです。逃げたしたい?あの人を愛してないのか?しかし…愛し愛されているなら、絶対に、絶対に、毎日あんなに辛い訳がないんですよね。しかも会ったこともない相手の奥さんを憎み、恨み、妬み、死ねとさえ思う。愛に満たされている人間がそんな真っ黒い、恐ろしいこと考えるはずがないんですよね。
正月、クリスマス、連休、全て無くなれば良いと思っていました。
決して一緒に過ごせない、これらのイベントは、毎年、年を重ねる度に慣れるどころか、重く深く自分に覆いかぶさります。「年月を経ても、何も変えることの出来ない自分」がより一層浮き彫りになる時間だからです。叫び出したいぐらい、とても惨めだからです。
他の方のコメントを見ると「別れても彼はやはり自分の好きだった大切な人」と言うような記述が良くありますが、あれは本当なんでしょうか。実際には、その時を過ごした自分を否定したくないだけでは無いのかな、と思ってしまいます。私は、あの長かった渦中と相手に対して、驚くほど何の感情も覚えません。
あの10年近い年月は何だったんだろう、とは思います。別れと転職を告げた私に、相手が見せた数ヶ月に渡る醜態。まるでそれまでの自分の早送り版を見ているようでした。そのお陰で…私はあの渦中の歳月や相手を懐かしむことも無いまま、今に至るのかも知れません。

今年もいよいよ終わりますね。
来年は少しでも、顔を上げイキイキと歩ける女性が増えますように。辛い年末年始を過ごした女性のみなさんに、素敵な出会いがありますように。

| アオイ | 2013/12/31 17:42 |

アオイさん

こんにちわ

>コメントを取り上げて頂き、ありがとうございました。

早速バレてしまいましたね。ありがとうございました!
詳細部分を省いたことを、ご了承いただければと思います。

>でもね、相手云々ではないんですよね。自分が我慢さえすれば、いつまでも続きそうな不毛な日々、なら「私が」どうしたいのか?なんですよね。

おっしゃる通りですよ。相手が好意を持ってくれているからといって
永遠に続く訳でもないですからね。それに消耗するのは女性だけです。
おやじは不倫が長く続いたところで、何のデメリットもありません。
むしろ、女性の生気を吸い取って無駄に元気になりそうです。
でも女性は、生気を吸い取られてしまうようなイメージが私にはありますし、
実際にそうだ、とも思うんです。

>別れと転職を告げた私に、相手が見せた数ヶ月に渡る醜態。

おじさんは、頼んでもいないのに墓穴を掘ります。
女性にとっては、本性が見えてしまったという点で、
残念でしょうけども、踏ん切りをつけるチャンスなんだとも思います。

今年は色々とありがとうございました。
心から感謝しています。



| onimaru | 2013/12/31 18:02 |

また来てしまいました。

アオイさんのコメントを読んで
どうしても書き込みたくて。

書かれている一言一言に頷くばかりでした。
そして、今まで上手く表現出来ずにいた私の
代弁をして下さっているようで。

関係を考えるほど、自分の存在価値が見いだせない気がしていました。
そして、何をしても変えられない現実。
2人の問題ではなく、自分だけの問題だったこと。

読み終えて、すっとすると同時に、涙が出てしまいました。
私の場合は別れを告げても相手は私の次の言葉を待つ人なので
逆上することはありませんでしたが。
私も10年程人生を無駄にしたと今は思っています。
人生勉強にはあまりにも大きな代償でした。
この先戻ることはないと思っていますが、
もし、また心惑う事があったら、
アオイさんのこのコメントを読み返しますね

ありがとうございました。

| かほ | 2014/02/03 21:35 | ≫ EDIT

かほさん

こんにちわ

アオイさんのコメントすごく説得力があって素晴らしいですよね。

おっしゃるように10年は短くはないですが、
これから取り戻してください。
前回のコメントを拝見すると
きっとできると思います。



| onimaru | 2014/02/04 10:38 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1115-4e8f0a1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT