不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫相手の器が小さ過ぎた

ご要望も頂いたことでもありますし、1,000名様を目指していることでもありますから、参ります。

復縁に陥りつつも不倫を清算した女性から頂いたコメントです。


あれから2回復縁してしまい、やっとやっと全てを終わらせることができました。

不倫という不安定な関係の切なさや心細さをイヤと言う程ぶつけられた相手から初めて私に対する拒絶の言葉を聞きました。最後はメールでのやりとりだったのですが、喧嘩のようになってしまいました。

罵詈雑言の応酬の中で気持ちがすーっと醒めていくのを感じました。

私達は特別だと思っていたし、このブログで拝見する残念な不倫男達とは全然違うと信じていたのに、見事に極小な器の不倫男でした。

この2年弱の時間は何だったの?と思うあっけない終わりでした。

最後くらいは綺麗にお互い相手の幸せを願って別れたかったのですが…。

相手のあんな言葉を聞いても好きな気持ちは消えませんし、まだまだ虚しさや切なさはあります。ですが、もう戻りたいとは思いません。相手を失い辛い気持ちはもちろんありますが、今とてもすっきりしています。

気持ちが揺れてしまう時はまたお邪魔させて頂きます。そして今度は嬉しい報告ができたらいいな、と思っています。

「何かあった時」ですね、本性が出てしまうのは。

もともと不安定で、本来であれば1対1でしか成立しえないはずの関係を無理に女子の我慢だけで成り立たせているものですから、どっかでほころびが来てしまいます。

残念でしょうけども、これできっと吹っ切れたはずです。具体的な内容については伏せますが、頼んでもいないのにおじさんはよくお見事に墓穴をほってくれます。

完全に決別するための機会だと捉えれば、復縁にひっかかることなくきっと前に進めるはずです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 09:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1111-7ec6b4d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT