不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

穏やかに誰かを想う

こんばんわ、「ひとやまいくら」です。



どうもここ数日、負け惜しみが続いております。「もしかしてオレは不倫負け組か?」なんて思ったりもしますけど、何が勝って何が負けかわからんのが不倫も含めた恋愛でございます。
イケイケA子さんに想いを寄せていたonimaru君(仮名)、ところがA子さんはonimaru君(仮名)なんか眼中になく、イケメンB君との交際がトントン拍子に進んでハッピーに入籍→3年後にはお互いに罵倒の限りをつくして離婚。一人孤独になったA子さんはかつて想いをよせてくれていたonimaru君(仮名)に連絡。
ところがonimaru君はすでに暖かい家庭を築いていましたとさ。

前フリが長過ぎるんだよなあ。我ながら、タラタラと・・・すいませんです。

まあ今だからこそそういう心境になれたとも言えますが、約束とか、思い出の品とか、形に残るもの、目に見えるものってこういう関係ではもうどうでもいいというか、ま、どうでもいいって言ったら言い過ぎかもしんないですけど、そういう時期があったんだな。というだけでも十分という気もします。

そもそも、倫理でない、わけですから(笑)独身女性が、本来は恋しちゃいけない(別に決まってないけど)既婚おやじに一時的にせよそういう想いを寄せてくれたというだけで、(語弊、誤解があるにせよ)彼女にとっては私は忘れ去られたとしても特別な存在であり、良い恋愛ができた、とも思ってます。やっぱ負け組ですかね?

まーでもね、そうそうカッコつけたところで、あの笑顔、体のぬくもり、耳をあてて聞いた心臓の鼓動、取り戻したくないか?と言われるとちょっと・・・(笑)なんとも。
関連記事

| 思うこと | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/110-41c6aa6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT