不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

負けないでください

自分の考えを具体的に表現するのはいいことです。

自分自身に再確認することができ、きっと自分の気持ちを強くすることができるはずです。


別れたはずが…また復縁パターンに流されました。

自分の弱さが原因です…

自立できてない証拠です。

だから親父につけ込まれてます。

戻れば、結局同じ扱い、同じことの繰り返し…


今度こそ、今日こそ別れます。

強くなりたい。

決意表明の意味もこめて、コメントさせてもらいました。

ありがとうございます!まさに敵は自分自身にあり。と言ったところでしょうか。

おっさんというのは、基本的に手放さないはずです。そうする理由がないから。

相手の人間性はおいておくにしても、不倫という悪縁をぶった切るのはやっぱり自分自身なんですね。

相手が望んだからといって、ずーっと続くものでもないし、何かあればあっという間に逃げてしまう、なんてのはよく聞くお話です。

負けないでください!

関連記事

| 決意を形に | 22:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

時間薬と整理整頓

お久しぶりです。
ご無沙汰しております。

>自分の考えを具体的に表現するのはいいことです。
>自分自身に再確認することができ、きっと自分の気持ちを強くすることができるはずです。

なんてあったので、少し気持ちと思考の整理をするためにこの場をお借りしてみようかと。
長々と書き連ねて申し訳ないのですが、お許し下さいませ。


先日、学生時代の友人夫妻が旧職場の最寄り駅近くにマンションを買ったので、遊びに行ってきました。
そんなわけでオヤジ生息圏に近づいてしまうのですが、これは誰が悪いわけでもないのでまぁそれは致し方ありません。
友人と別れたあと、所用がありそのまま実家へ。
この経路はかつての通勤経路であり、オヤジと同じ路線を使用することになります。
そうしたら……何の因果か、よりによってヤツと遭遇してしまいました!!
あえて帰宅を終業時間から数時間遅らせたのに(笑)。

とは言え、会話をするわけでもなく笑顔で会釈をされたのみ。
書店でレジに並んでいたところだったので、それ以上眼を合わさずに支払い終了までやり過ごしました。
(終わったら消えていたので、ほっとしましたが)
別に何かあるわけではないのですが、とっさの時って何も出来ないものですね。

あとは帰るのみだったのですが、動揺が治まらずコーヒーを前にして小一時間ほど余分なティータイムを過ごすこととなりました。
その間にも、オヤジからメールが。
「突然でちゃんと挨拶も出来なかったけど元気?」とか訊かれましても……ねぇ(笑)。
元気ですが、アンタのせいで動揺してますが!! と返信するわけにも行かず。
仕方ないので、ヤツとは全く関わりのないネット上でつぶやいておきました。
「ハゲろー!! 全力でハゲてしまえっ!!」

もちろんメールは通常見ないフォルダへ即移動、受信履歴は削除。
ちなみに翌日になって体調は、元気ではあるけれど耳鳴りが止まらなくなりました。
4年経ってもうすっかり振り切ったはずでも、ダメージってちゃんと入るんですね。
なので、別れて数ヶ月、なんてお嬢さんなら動揺のあまりメールに返信したり、うっかり復縁したりするのは全くおかしなことではないかと思います。
私が返信もしないくらいまで理性を取り戻したのは、多分自分が既婚者サイドに立って、なおかつ時間も経って色々なことを少し客観的に見られるようになったからでしょう。

それにしても、なんでメールが来るのかしら。
これはonimaru様が書かれていることが理由の全てでしょうね。

>おっさんというのは、基本的に手放さないはずです。そうする理由がないから。

これに尽きるのでしょう。
理由もないし、相手に及ぼす影響も、全く考えてないからでしょうね。
深い考えがあったら、素知らぬ顔をするか見なかった振りをするでしょうから。
(何もしてこなければ、私全く気づきませんでしたし)
……っていうか、アドレスも全て消したとか最後にアナタ言ってませんでしたっけ、とツッコみたい気持ちで今は満載なのですが。


こんな風に自分のことも含めて、つっこんでみたり笑ってみたり出来るのは、正に時間薬の効能かと思います。
無理に新しい相手を見つけなくても、代わりの何かを得ようとしなくても、時が流れることによって少しずつ傷は癒えます。
もしその過程で、今度は一方的に背負い込まない関係を別の人と創ることが出来たら、治りは早くなる。
それくらいの気持ちでいいのかもしれません。

オヤジのあとに出会う人は、当然ながらオヤジとは別の人です。
だから同じような気持ちが持てなくて、当たり前。
少しずつ気持ちを整理しながら、別の人と全く別の新しい物語を作る。
その途中で、かつての自分を振り返ってみたり笑ってみたり。
新しいパートナーのいいところをもっと発見したり。
(オヤジ遭遇事件のせいで、夫のいいところをまた見つけられたのは嬉しいことです)

泣いた分、その先にはいいことがあるはずだから負けないで!! と今迷う人へのエールと、記憶に引きずられないぞ、という決意を整理したくて、長々とこの場をお借りしてみました。
ありがとうございました。


| 真珠 | 2013/11/21 20:40 | ≫ EDIT

真珠さん

こんにちわ。しばらくです。
と言いつつも、先日はありがとうございました。

>理由もないし、相手に及ぼす影響も、全く考えてないからでしょうね。

残念ですが、そうだと思いますよ。
気持ちのどこかで、「あわよくば」なんてのもあるかもしれませんし。

それにしてもメールって、しつこいおじさんなんですね。
連絡先が残っていたんですね。それは早々に消去しないと。

まあでも、ご主人の引き立て役になった。程度でいいんじゃないでしょうかね。

クリスマスシーズンを迎えて下着売り場か活気づく季節でもあります。
ここはおひとつ新調を!なんて思いますよ。

| onimaru | 2013/11/22 23:23 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1092-ce0175a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT