不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫をやめてみたら

不倫をやめることが出来た方からいただいたコメントです。

ありがちですが、やっぱり不倫男は復縁を望む訳ですね。

それを無視すると、どうなったんでしょうか。


初めは、メール無視するのも悪いなって思ってましたが、
無視続けると慣れる、というか、
連絡取らない方が楽なんだなって、分かりました。
返信しないって決めて、それをちゃんと続けられてる自分に、自信も出てきました。

何より、別れてから、自然と友達からの誘いが多くなり、、、
また、家族のことや趣味に時間を使うようになったことで、
次々と良いコトが起こってます。

他にコメントされてる皆さんの言うとおりですね!
こういった機会は、これまでもあったハズなのに、
不倫相手に会うことばかり考えた挙句、自ら潰して来たのでしょうね。

以前は、彼と別れたら辛い、、、とか思ってましたが、実際は前より良いコトいっばいあるし、そんなに辛くないんですね。

そりゃ、最初は辛い気持ちもあり、戻りたいとか思うけど、 実際戻ると、続けてる方が辛いことが分かるし、 今となっては、またあの特殊な思考回路に陥いり、 この幸せを手放してしまうのかと思うと、怖くて戻れません。

ありがとうございます!ここまで来ればもう大丈夫。と私は思います。

不倫以外の大切なことに気がつくことができれば、もう戻るようなことはないはずです。


それと、自分で決めたことをちゃんと守る事で自信につながる。いいことです。

こういった積み重ねこそが、大切なんだなあと思わされましたね。何事も一足飛びにいくわけではなくて、やっぱり日々の積み重ねだと思うんです。

突如として救世主が現れるわけではありませんが、もしいるとすればそれは自分自身なんです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 23:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

救世主は自分

こんにちは。
コメントのご紹介ありがとうございます(^^)

救世主は自分、本当にそう思います!
このブログを読んだり、
周りに相談したりして、
どんなに反省や後悔しても、
最後は自分自身で辞めない限り
関係は終われないんですよね。

辞めたくても辞めれない時は、
自分自身のことを敵だと思いました。
自分との孤独な戦いで。。。

今は、
そこを乗り越えて
頑張ってくれた自分に
感謝というか、
頑張ってくれた自分に
救われた気がしてます。

特に、
しばらくご無沙汰だった
昔からの趣味に打ち込んだおかげで
相手のことを忘れられる時間があり、
その時、この趣味を作ってくれた
過去の自分にも救われました。

もちろん、
ブログや周りの人にも助けられましたが、
最終的には自分ですねぇ。

こんなに頼りになる人が
自分の中にいると気づけてよかったです。
不倫で相手に依存ばっかしてたから、
そんな自分にも気づきませんでしたが。。。

そういうことに
気づかせてもらったonimaruさんには
ほんと感謝です!!

時には、弱い自分もいたりしますが、
上手く自分を頼りながら、
onimaruさんのブログに
引き続きお世話になりながら、
頑張ります(^^)

今後ともよろしくお願いしますね!!



| アオイセロ | 2013/11/13 16:40 | ≫ EDIT

アオイセロさん

こんにちわ

>コメントのご紹介ありがとうございます

早速バレてしまいましたね(笑)
こちらこそ、ありがとうございます。感謝しています。

>ブログや周りの人にも助けられましたが、
最終的には自分ですねぇ。

そういうことですね。確かに周りの人は力になってくれます。
でも結局は自分。周りの人がいくらいいことを言ってくれたところで
それを活かすも、ダメにするのも自分自身なんです。

>不倫で相手に依存ばっかしてたから、
>そんな自分にも気づきませんでしたが

そういった重要なことに気がつく事ができれば
きっともう大丈夫ですよ。
確かに不倫は相手あっての話ですが、
では相手に継続の意志があるからといって
ずーっとつきあうわけにもいきません。
「将来」があるんですから。

頂いたコメントはきっと、同じような状況の方の
心に届くと思います。

ありがとうございました。


| onimaru | 2013/11/13 20:05 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1089-ed41bf6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT