不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱり怖い不倫のお話

不倫は怖いものです。

しかしながら、このおっさんは、負けるべくして負けたという印象です。

途中で気づけ!とも思いましたね。


愛人から「別れるなら不倫関係をばらす」と言われ悩む49歳金融マン

これはいい年こいて暴走不倫女にひっかかってしまったおっさんですけども、この逆のパターンもありますよね。複数証言を頂いているんですけど、しつこいおやじ。


最初はそう見えることなんてないわけですから、そうなってしまったんでしょうけども、男も女も不倫ストーカーほど迷惑な存在はないです。「不倫」というのがあるのでどうしても人には相談しにくいでしょうし。

不倫に関しては「一歩踏み込む」のはカンタンですけども、やっぱり「足を踏み入れない」自制心が肝心かと思います。


関連リンク
不倫略奪婚女の劣化がひどすぎた件
不倫の代償が大き過ぎた
クールダウン

関連記事

| 思うこと | 02:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この彼女は、別に、金目当て、じゃなくて、このサイトにコメントされる女子の方々と同様、彼氏の言葉(たぶん、君が一番好き、とかずっと一緒にいたい、とか何とか言ってるんでしょう、男性側が)を信じて、それを行動で示してほしいと願っただけなんじゃないでしょうか。

男性側は、本当に救い難いです。この方は年収がある分、まだ愛人を囲う余裕があるから許せますが。外で子供でも作ったら、それはもう修羅場ですね。

| aa | 2013/08/06 22:02 |

aaさん

>彼氏の言葉(たぶん、君が一番好き、とかずっと一緒にいたい、とか何とか言ってるんでしょう、男性側が)

男性側の言い分だけしかないので、なんともですけども
そういう部分はきっとあるんでしょうね。
このおっさんは、自分に不都合なことは言ってないんでしょうから。

それにしても、踏みとどまることこそが勇気だという気がしました。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2013/08/07 00:04 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1061-db161519

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT