不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫をやめた人が忘れがちなこと

不倫を止めた方からコメントを頂きます。

割と多くいただくのが、迷っている状態とでもいいましょうか。決別はしたものの、自分の判断が正しかったのかどうか。

そして、揺れ動いてしまう心。具体的な言葉でいえば、迷うこと、揺れる心に「強くなりたい」というがあるんですが、私はこの言葉に納得がいかないんです。


あえて申し上げたいんですが、不倫をやめることができたんですから

実は十分に強いんじゃないでしょうか

ということなんですね。好きという感情は実にやっかいなものですべてにおいて優先してしまうこともあるし、場合によっては「好きなまま」お別れを決断することもあるかと思います。辛いですよね。不倫とは言えども「好き」なんですから。


やめることが自分そして相手の幸せにもつながると信じて、断ち切ることができたんですから、そんなことが出来た人が弱いわけがない。

時には、過ぎた日を思い出しては涙するなんてこともあるとは思います。でもそれらは(申し訳ないんですが)枝葉末節にすぎません。すごく辛いことを成し遂げたんですから、枝葉末節に一喜一憂する必要はないとも思うんです。そこを「私は弱い」と思うのは、どうも納得いかんのです。

言ってしまえば、今はまだ当たり前のこと。そんなこともあるということでいいと思うんです。基本が間違ってないですから。今は過渡期なんです。


不倫との決別が幸せにつながると決断できたんですから、その判断を信じ、細かい(すいません)揺れる心には動揺すべきではないと思います。

弱いわけがないんですよ。

関連リンク
不倫から脱却できたきっかけ
不倫おやじの妄言に騙されないために
不倫相手が全てだと思っていた頃は

関連記事

| 思うこと | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1051-a920469d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT