不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫なバスルーム

バスルームに一緒に入る機会って割とあると思いますが、これが独身同士の関係だともう「極上タイム」なわけですね。
バスタブにつかりながら少しづつ火照っていく肌を眺めながら、見つめあう目と目。さっきまでの行為を思い出したのか照れながら少しうつむく彼女を愛しく思いバスタブの中で軽く抱きしめる。

な、状況です。




思い切っては入れませんでした。風呂に入るとどうしても身体は必要以上に暖まってしまいますし、(とても仕事帰りには思えない)ボディソープで「洗いっこ」なんかやった日には帰宅後何が待ち受けているかは想像すらしたくありません。
このあたりの根性なし具合というか、ズルさというか、思い出してみるとイヤになってしまいますね。
バスタブに腰をかけて足だけつかる私を彼女はどう見ていたのでしょう。寂しそうな目をしていたようにも思います。

もちろん、何度かは思い切って入りましたが、そういう時間がもてたこと、を嬉しく思う自分と、この火照りをどうしよう、と考える自分がいるわけで、その時よりも今のほうが自分の根性のなさを感じます。

自分の安全確保だけはきっちりやっておいて、それで「好きだよ」も「大事に思ってる」もねーだろって気も今はしてます。自分が独身女性だったらどう思っただろうと思うことも。

まあまあそんなこと言い出したら想いをすべて否定してしまうような気もしますのでこのへんにしておきますけどね。あーズルい、ズルい、ズルイ

好きな女性と過ごす「極上タイム」のもうひとつに「抱きあったまま朝まで眠る」というのもバスルームと同じくらい、あるいはそれ以上の上質な時間ってことで。(うまくまとまらない)
関連記事

| 思うこと | 00:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

安全確保。

うーん・・・微妙ですよね。
安全確保って事は、onimaruさんの家庭でもあるし、彼女との関係でもあるし。
彼女と続けたいと思っているからこその安全確保、であるわけで。
そう思ったら、やっぱり複雑な心境なんでしょうね。

大事だからこそ、ってのもアリなんだと私は思いますよ。

| とおこ。 | 2007/04/10 01:44 |

とおこ。さま

そうですね。大事に思えばこそ、寂しい思いをさせなきゃいけないこともある。ってのはおやじの勝手な言い草でしょうかね。
まあまずは自分のとこが壊れちゃしょうがない。
自分のことで家庭が壊れるのは絶対に嫌だとはいつも言ってくれていました。
家庭をことをきちんとできない男はダメなんでしょうね。
コメントいただきありがとうございます。

| onomaru | 2007/04/10 02:16 |

はじめまして。
いつも切なく胸をキュンとさせながら拝見しています。
彼女さんと同じ立場です。現在進行形ですが。
私も彼の家庭は絶対に壊れてほしくありません。本心です。
だけど・・・・やっぱり寂しいと思う事はあります。
お風呂もそうだし、お泊りもそうだし・・・・。
でも、onimaruさんの気持ちを読んで、彼の気持ちを
再確認したように感じます。
と、言いながら・・・分かってるんだけど・・・・例えば、たまーーにでいいから
安全確保するのは、二人の為でもあるんだよね、という言葉が
あったら、どんなに楽になれるか・・・とも思う、まだ、子供な私です(笑)

| なぎ | 2007/04/10 09:32 | ≫ EDIT

なぎさま

こんばんわ
そうですね。あんたの家庭がどうなろーが知ったこっちゃないわ、みたいな女性ですと裸足で逃げ出します。
むしろそういう方が割り切れて楽なのかもしれないですけどね。そうじゃない、自分の家庭にも気を使ってくれるからこそ、そうなってしまったとも言えるわけです。
現在進行形ですか。どうかご自身をお大切に。
また見てやってください
コメントありがとうございます。

| onimaru | 2007/04/10 22:13 |

彼はその辺無頓着でした。
ボディソープ使わないの?なんて聞いてましたから・・・。
「香り残ったら困るでしょ?」って言ったら「そっか」なんて言ってましたね。
まぁ、家庭状況も全く知らなかったので、もしかするとそういうのは大丈夫な
家だったのかもしれません。
女って何故かネクタイの結び方、シャツの着方が朝と違うとわかるもので。
女の感ってやつでしょうか(笑)
彼に聞いてはいませんが、私は彼にとって初めての婚外の相手ではないはず。
これも女の感ですが(笑)
なのに慣れてないというか、でもふとしたときには「こいつ、慣れてるな」って思う事も(笑)

彼と一緒に朝を迎える事は一度もなかったのは寂しかったかな。


全て過去の事として話せる事が出来るようになってきました。
よりを戻したいと言われ、必死に踏ん張って、自分と戦ってる最中です・・・。
ほんとはしっぽ振って彼の元へ戻りたいんですけどね。
またあの苦しみが来るのかと思うと怖いです・・・。

| もこ | 2007/04/10 23:04 |

もこさま

こんばんわ
おっしゃる通り、女性の感というのはすごいです。ことに恋愛事情ですと「こいつあたしに気があるな」とかたいていバレてるみたいですけどね。

ヨリを戻したいですか・・私ごときが何を言っても陳腐ではありますが、今は辛いけども、と言ったとこでしょうかね。辛い中にも楽しい思い出があればそれはそれとして感謝はしておいて、新たな道を。とは思います。目先だけですと戻るのは一時的には楽かもしれませんが、その先は?と言ったところです。戻って辛い思いをするのはご自身ですから。
また見てやってくださいね。コメントありがとうございます。

| onimaru | 2007/04/11 01:31 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/104-8d61bda1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT