不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不倫は自分の中のモンスター

不倫の別れを克服された方から、別れに関してすごく的確なご意見を頂いています。


結局、不倫とは自分の中のモンスターと戦うことなのだと思います。

相手がどう出てきても、自分との相対ですし、自分の中にそういった禍々しい感情があることを自覚してしっかり成長したいと思います。

ありがとうございます。

実はこういった主旨のコメントは以前にも頂いているんです。

相手がどうでるっていうのは、実はあまり関係がないんですね。
不倫既婚おやじなんか、基本として手放したくないわけです。では相手が手放したくないからといって二度と戻らない若い時間を無駄にしていいのか?となると絶対に良くないですよね。あとに何が残るかっていうと、残念ながら「あんまり何も残らないな」というのが率直なところです。

(と、以前に書いたらブチ切れされましたが、えーっと残念ながらその通りに何も残らないということになってしまったようですが)

相手が手放したくないからと言って、では永遠に不倫が続くのかと言えばそうでもないわけでして。

不倫の終わりは、不倫相手との終わりでもありますが、それよりも「不倫をしている、決して好きになれない自分自身とのお別れ」でもあるわけです。

それはすごく意義のあることだと思います。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 20:14 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございます。

私のような者のコメントを取り上げてくださいましてありがとうございます。
本人がまだまだ渦中にいるわけですが・・・笑、おかげさまで半年ぶりの穏やかな日曜日を過ごせています。
一人の日曜日の夕方を乗り越えるために、少し一人語りをさせてください。

彼と私は、男性からの猛アプローチという典型的な不倫の始まり方で、私のほうが余裕があったように思います。いつでも終わりにできる、はなから信用できない。そう思っていました。しかし、彼の怒涛のような愛しているという言葉と、マメなメール、二人でいるときの幸せそうな表情。それこそ不倫と同じく、「このまま続けていて、どうなるんだろう」と思いながら仕事をしている女の生活は、瞬く間に彼一色になりました。
しかし、言葉と現実は矛盾してしまっている。そして、自分は二番目として存在している。そのことは、日々自分のプライドを溶解させ、人間性を捻じ曲げ、世界を灰色にしていきました。毎朝起きた瞬間からそのことを考え、最悪な気分。先生と呼ばれる職業なのに、自分はそんなことをできる人間だろうかと自信をなくす。友達と遊んでも携帯は気になるし、「彼のあの言葉はどういう意味だろう?信用できる?できない?今何してる?」と考えるばかりで早く帰りたくてたまりませんでした。
そして、じょじょにモンスターが生まれてくるのです。
続きます。

| syasta | 2013/05/26 16:55 |

先述したように、私のほうが余裕のあるスタートだったので、こんなに彼に執着したり、ずっと考え振り回されるなど考えられないことでした。また、不倫当時から、正直、彼がそんなに魅力的だったかというとそれはないな、と思っていました笑

じゃあ、何でこんなに苦しい?と考えたとき、「いつか自分が選ばれないなんて、認めたくない。」snsで拝見する奥様の様子を見て、「この人より大切にされてないなんて、思いたくない。」「私のほうが美人だ、頭もいい、能力もあるしセンスもある、仕事も評価されてて興味感心の幅も広い。・・ただ、ただ、結婚もできていないし子どもも育てたことがないだけ・・。」どいう気持ちでいっぱいでした。性格悪いですね、よくわかってます。
じゃあ、そのねじ曲がったプライドをどう満足させるか、というと、彼に選んでもらうしかない、となったわけです。
それに気づいたとき、戦慄しました。愛していると思っていた彼すら、道具だったのです。

彼がどうこうではなく、私はキャリア独身として、子育てを至上としており、身の回りのことしか見えていない(ように見える)方たちにひどい軽蔑感と、劣等感を感じていたのだと思います。それが、こんな執着として自分を苦しめることになってしまった。同時に、そういう方たちよりも、二番目として軽んじられたことに、どうしても納得できなかった。

モンスターです。自己愛なのです。
彼の気持ちはわかりませんが、彼も私も自己愛の虜だったのでしょう。そして、不倫は自己愛のカタマリゆえに、どんなに人の道を説いて諭しても、渦中の当人には無駄なのだなと感じました。

長々とすみません。でもちょっとスッキリしました。繰り返しになりますが、自分の中にそういう禍々しい感情があることを自覚して、成長していきたいとおもいます。
ありがとうございました!

| syasta | 2013/05/26 17:19 |

モンスター

ご無沙汰してます!りこです。オニマル様、皆様には大変お世話になりました。
清算して5ヶ月です。今は携帯も気にせず過ごしています!確実に前にすすんでいます!
自分の中のモンスターは確実にいました。
幸せそうにしているだろう見たことのない奥様をどこかで「お愚かな男を持った可哀想な女」「私の存在を感じて悔しがればいい」とおもっていました。
だからこそシャツに口紅を付けました。最低な女でした。最後別れを選んだのは、辛かったからではありません。奥様に負けて、二番手なんてプライドが許さなかったからです。
自分が見たことのない隠れていた怪物…それが不倫で姿を表したのです。奥様には申し訳ないですが知ることが出来た事、二度と同じ過ちをおこさないと思えたこと、不倫から得た沢山の自分に感謝しています。
清算して言える事は、男はどうでも良かったということです。見えないモンスターと戦っていたようにおもいます。奥様、お子様申し訳ありませんでした。という一言につきます。

| りこ | 2013/05/26 19:34 |

syastaさん

こんにちわ。今回はありがとうございました。
不倫の別れに関してすごく適切なコメントを頂けたので
ご紹介させていただきました。感謝しています。

コメントを拝見しましたが、ここまで自分を客観視できれば、
もう大丈夫だと思います。

>不倫は自己愛のカタマリゆえに、どんなに人の道を説いて諭しても、渦中の当人には無駄なのだなと感じました。

おっしゃる通りですよ。どこかで自分自身が関係の矛盾に気がつくしかないんです。
周りがいくら説得したところで、徒労に終わる可能性が高いですね。

まあ、酔っぱらいに向かって「アンタ、酔っぱらっているよ」と指摘したところで
「酔ってない」と返事が返ってくるのと同じです。酔っぱらいは自分が酔っていることに
気がつけません。

>長々とすみません。でもちょっとスッキリしました。

自分の考えを具体的に形にしてみることはいいことです。また機会があればご利用ください。

今回はありがとうございました。感謝しています。

| onimaru | 2013/05/26 22:36 |

りこさん

こんにちわ。しばらくでしたね。
お元気なご様子で何よりです。

>清算して言える事は、男はどうでも良かったということです。

そうですね。既婚男は、手放したくないんです。でもそんな都合のいい考えを
律儀に守ってしまえば、自分の将来を潰してしまいます。
相手は何もできないですからね。

自分の中の嫌な感情に気がつき、そこを認める事も
不倫から抜け出すステップになるように思います。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2013/05/26 22:41 |

Syastaさんのコメントを拝見して

Onimaru様

またまた御無沙汰しています。

彼とは三ヶ月前に終わったものの、彼氏募集中だと公言した私に、ありがたくも紹介話があることを聞き付けて、その相手と君はきっとうまくいかないだの、僕が君を一番理解しているだのと連絡してきてくれます。
どういう人間性なんでしょう?

今も奥さんからの愛情は感じているらしく離婚はしないと決めたらしいです。
なので、これ以上私に関わったら奥さんに連絡します。と脅してやりました。
それでも『僕は遊びなんかじゃない』そうです。意味不明です。

Syastaさんのコメントを拝見してドキッとしました。
ご自分で完璧に分析された心の動き、私も本当にその通りだと思いました。
そして、相手は自己愛のかたまりだと思っていたけど、自分自身もそうだったんだと。
不倫はかかわる人たちの心を壊すけれど、当事者の二人は始まりから心が壊れかけているものかも知れませんね。

私もそれなりに築いてきたものがあります。
そのために組織を離れられず、彼とも連絡を断絶できません。

今は彼の悪あがきを見るたびにバカらしくなることで、逆に健康に戻りつつある自分の心を見つめています。

一人がたりになってしまってスミマセン!

| ひまわり | 2013/05/27 00:43 |

ひまわりさん

こんにちわ。しばらくでしたね。
その後いかがでしたか。

>その相手と君はきっとうまくいかないだの、

大きなお世話ですよね。「アンタにだけは言われたくない」ってやつです。

>僕が君を一番理解しているだのと連絡してきてくれます。

それは奥様に言えばいいんじゃないでしょうかね。
人間性は、そんなものです。と言ってしまえば失礼かもしれませんが
この期におよんで惜しくなったんでしょう。

>それでも『僕は遊びなんかじゃない』そうです。意味不明です。

だったら離婚してから来いやってことですね。
意味は不明ですが、意味はないとも言えます。
単に復縁したいんでしょう。そしてそれが実現するかもしれないという
淡い期待もあるのかもしれません。

本当に復縁願望のあるおやじってみっともないものですね。
自分の欲望を押し付けているだけです。
大丈夫だとは思いますが、決してひっかからないでください。

あまり深く考える必要はないと思います。
繰り返しになりますが、復縁したいだけです。

うまくいくことを願っているよ、ぐらい言えればねえ。
男として少しは違うんでしょうけど。でも復縁はしませんけど。

>今は彼の悪あがきを見るたびにバカらしくなることで、逆に健康に戻りつつある自分の心を見つめています。

みっともないとか、ばからしいと感じるのであれば
おっしゃるように、健全な方向です。
揺らいでしまうようであれば問題ですけどもね。

せっかく悪縁を切れたんです。ご自身の決断に間違いはないと
自信を持ってくださいね。


| onimaru | 2013/05/27 00:58 |

ありがとうございます!

Onimaruさま

こんなコメントに励ましをいただいて、ありがとうございます!

本当にみっともないです。
不倫はそれ自体が自慢できるものではありませんが
なかでも、この人の倫理観、プライド、人間性すべてが意味不明です。
※onimaruさんの、意味はわからないけど意味はないとも言える。と言う分析に笑ってしまいました(*^^*)

奥さんに連絡しますよ
→僕は遊びなんかじゃない
の翌日、おはようメールが入りましたので
『次おはようメールをしたら自宅に電話します。それと二度と職場で私の名前を口にしないでください。約束を守らないなら自宅に電話します。』と重ねてやっと連絡が止まりました。

そうなんですよっ。
例えば、ごめんね、
もう連絡はしない。とか、かつてのonimaruさんのように、君の幸せを願うよ。とか言ってくれたなら綺麗な思い出にもなったのに。
数ヵ月でも本気で好きになってしまったことすら恥ずかしいです。

奥さんはそんな彼に愛情があるそうなので、きっと立派な旦那さんを演じてるんでしょう。
とはいえ、もちろん私もあんな人の自宅に電話するなんてまっぴらです。
そんなこともわからなくなってる惨めな彼の姿。
彼も私も情けないです。

自分の決断に自信を持ちます!
戯言には負けません!

いつもありがとうございます!










| ひまわり | 2013/05/27 01:38 |

ひまわりさん

こんにちわ

>と重ねてやっと連絡が止まりました。

おやおや、「遊びじゃない」のに根性がないんですね。
とは言っても無駄な根性見せられても、迷惑なだけですけどね!

>自分の決断に自信を持ちます!

そうですよ。不倫を清算できたんですから。
もう大丈夫ですね。



| onimaru | 2013/05/28 07:59 |

人間不信

今回、初めての不倫経験でした。とても辛かったです。何度も、「本当にこんな関係でよいの?」と、自問自答する毎日。お会いするとその時間は、全てを忘れてしまっていましたが、帰宅すると、「もう、会わないときめたのに、別れられなかった、、、。」と。でもね、決定的な出来事があり、踏ん切りがつきました。
今まで、ずっとその方の周囲の悪評を庇ってきました。私の言動が決定打になることがわかっていたので。それだけ、前の職場やその方の上司に信用があるので。ずーっと、その方の身を案じてきたのです。
しかし、余りにもひどい内容で、ショックと裏切られた感が強く、黙り込んでしまいました。
仕方なく「そのように事を運んでよいと思います。」と、意見してしまいました。その方は、職を失います。でも、専門職なので、どこでも働けますが、もう、こちら方面は無理でしょうね。その方の上司が予防線を全てに張ってしまいました。いつも、盾になってあげてたのに、、、。仕方ないですね。もう、終わったことです。

| りょう | 2013/05/28 19:21 |

りょうさん

はじめまして。

おっしゃるように、終わったことです。
相手にできることはありません。

あとはもう前を見るだけですよ。

| onimaru | 2013/05/28 22:22 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1024-3778e646

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。