不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

そもそも不倫自体がDVみたいなものかも

DVを配偶者に限らず男女間におけるもの、として考えると、いただいたコメントを拝見しているうちに不倫DVなんてことを考えてしまいました。

≫ 続きを読む

| 思うこと | 19:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やめて淋しいけど、でも喜べるブログ

なんだそりゃ、ですね。
不倫なブログってどのぐらい続くかっていうと、よーわかりません。ずっとは続かないですよね。こういう関係上。

さて、先日ご尊敬申し上げるブログが終わりました。淋しいです。
出会いは非常に衝撃的でして、

官能的でエロティックでいながら上品で、情熱的で、プロもしくはセミプロじゃね?なんて感想を持ったりもしました。

不倫の恋に悩む方も多いかと思いますが、ここに一つの方向が示されているようにも思います。結果、じゃないですよ。過程です。あくまでも過程です。

秘すれば華
エンドルフィンが身体中を駆け巡るような、そんな愛と快楽。 静かで深い大人の恋は・・


不倫に陥ったとき、どうすべきかをこのブログが教えてくれるような気がします。
自分の今するべきことに全力を注ぐ(あの、離婚に向けてがんばるとかそゆ意味じゃないです)こちらの場合は仕事なんですけどね。

更新されなくなるってすごく淋しいんですけど、同時に、あらたな道を進まれる、ということで嬉しくもあります。信じる力の強さというものをすごく感じるブログでありました。またどこかで縁があることを願っています。お疲れさまでした。

関連リンク
尊敬する不倫ブログ



| 思うこと | 18:33 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不倫おやじの嫉妬と独占欲を克服する

こんにちわ。不倫おやじの嫉妬と独占欲の強さに悩んでおられる方からご質問をいただきました。同業者として(元)わかる範囲でお答えしてみようと思います。

「俺のほうが絶対好き」「俺のことだけみてろ」「俺だけを想っててほしい」これはもはや口癖です。

自分勝手すぎるとは思います。相手なにしろ結婚してますからね。
アンタは誰を見てるんだ?って感じです。

時折私に対してほんのささいなことで大きな不安を感じ不安定な状態になってるのがわかります。例えば私が友達と遊ぶとか。そうなると不安が怒りに変わるようで、容赦なく態度に表し、突き放すようになります。

そう来ますか。うーん
うーん

≫ 続きを読む

| 思うこと | 18:48 | comments:27 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金融危機は不倫にも

久しぶりに下着屋さんの前を通りかかりました。
女性用下着っていうのは、単なる布ではなくて、キュートな乙女心を具現化したものが下着なんじゃねーかって思ってます。

さて、お休みなんで軽めにいきますけど、(いつもだけど)株価下落だとか、金融危機だとかものすごく楽しくないニュースばっかですね。

先日、都合で以前不倫してた時によく行ったカフェの前を通りました。双方の生活圏からはかなり離れたところにあるところです。

ああ、そういえば、よくココに・・・

って、ないじゃんか!テナント募集って何だよ、おい!
そういう思い出の場所なんだから、頼むから勝手につぶれたり、移転したりしないでくれよぉ

いやホント、景気対策をなんとかしてもらわんと(笑)不況のせいかどうかわかりませんけど、真っ先にこんなご時世ですから「経営不振につき・・・」なんてシャレにならんことを思い浮かべてしまうわけですね。

いちおうオジさんも、不倫なんてないほうがいいに決まってるって当たり前のことを思ってるわけだし、昔に戻りたいなんて気持ちはこれっぽっちもないんだけど、でも、これから先何があるのかわかんないし。

「そういや、ココによく来たよな。いくつの時だっけ?時間は経ったけど・・」

なんつー再会の台詞だってあり得ない訳でもないんだから。今やお互いにパートナーのある身。昔の情熱に火がつきそうになるのを押さえて、世間話だけで済ませ、笑顔で別れました。

なんてね。まーそれにしても、思い出のお店がなくなってたり、コンビニに変身してたり、イヤですね。厳しいご時勢ではありますが、経営努力で何とかして!なんて思う訳です。まあ勝手な言い分ですけどね。

| 思うこと | 21:57 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

下着にまつわる素敵なエピソード

どうもおはようございます。

下着を贈りたいがために、どっかでおねえちゃん探そうか?というもはや本末転倒な考えすら浮かぶ呆れたイカレおやじ。

ま、そんなイカレおやじはほっといてですね、最近下着オンリーでもあることだし、以前にいただいた下着にまつわるおコメントをご紹介したいと思います。

≫ 続きを読む

| 思うこと | 11:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男が選ぶ女性用下着[贈り物編]

こんにちわ。いまのところ国内一流下着メーカー様からのヘッドハンティングがありませんが、気長に待ちたいと思います(絶対来ない)。

すっかり不倫日記からランジェリー日記になってますが、まあそれはそれでね、書いてる方は楽しい訳ですから。

今日はワシならこう選ぶ!贈り物としての下着ということでいきます。

≫ 続きを読む

| 思うこと | 13:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不倫の偽装って効果ありますかね

こんばんわ。昨日のエントリーに頂いたコメントを拝見しているうちに、フト思った事があります。

不倫って偽装したところで、結局バレちゃうんじゃねーの。

まあ自分は不倫が終わったので好き勝手なことぬかしてますが、色々こうやるわけですね。でも果たしてその努力が報われておるのか?なーんてことを考えたりする訳です。

だいたい公共交通機関とかでの振る舞いになりますが、私がやったことをちょっと書いてみますね。一部頂いたコメント、及びコメントへのレスとかぶりますが、ご了承ください。

ベンチに離れて座りメールで会話
しゃべったらなんかバレそうかなーって。不便だけど、楽しいといえば楽しいです。

離れて歩く
基本ですね。駅構内とかの移動とかで。まーこれは大丈夫じゃないですか。多分ですけど。
イルミネーションを見に行ったことがありましたが、そういう時はやらんほうがいいです。つまんな過ぎます。

電車で「隣、空いてますか?」
よくこんなしらじらしいことやりましたね。あえて周りの人に「わしら他人ですから」って宣言するんですけど。不自然すぎますよね。なんでおねーちゃんの隣に座りたがるんだよ、いい歳こきやがって!てなことになりそう。

電車で離れて座る
どーしても「チラ見」しちゃうんですよね。当然向こうも同じ事考えてますから、おかしい。電車の中で笑いをこらえる中年おやじ。アブない。

社内不倫とかですと、「公私のけじめをつける」「社内ではしゃべらない」なんてチョロいのはほとんど効果がないと思われます。どこにでも達人というのはいるものです。以前に「社内不倫CIA」とでも言うべき人を知り合いに持つ方からコメントいただきましたが、「ほぼすべてわかる」そうです。

もし「私はこんな偽装工作やってます」なんて方がいらっしゃいましたら、おコメントくださいませ。重複していても構いませんのでよろしくお願いします。

まーあんまり小賢しいことをやっても、女の子に複雑な想いをさせてしまうかもしれませんので、程々にってことですけどね。とは言っても女性が若いとは言ってもお互いオトナですから、慎み深くありたいとは思います。

| 思うこと | 01:28 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ある光景

終電の中で、うつらうつらしておりました。
典型的中年くたびれおやじであります。

目の前にかなり高齢のご老人。(推定85歳)ちょっと足腰もおぼつかないような感じです。なんでそんなご老人が終電?と思いましたが、私も眠い身。深く考えませんでした、というより考えられません。

隣に座っているのは、推定50歳ぐらいの女性でしょうか。こちらもなんで終電?とも思いますが、ビミョーに、隣のご老人と身体が触れるのが気にはなります。

駅に近づくと、女性がすっくと立ち上がり、無謀にもヒジをご老人の前に突き出しました。

ああああっっこれってヒジ打ちじゃねーのか!!K-1だってヒジは反則だぞー!いくら身体がちょっとぐらい触れたからって、それはねーだろ!

なんて余計なお世話でして、ヒジを出したのは「腕を組めや」ポーズでございましたね。うーむ・・・「腕組めや」ポーズをされたご老人は、困惑したような、照れたような顔をしています。

何度か書いてますけど、不倫カップルというのは微妙な空気でなんとなくわかってしまいます。ばれてないと思っているのは過去の自分も含め、当の不倫カップル自身だけという状況な訳ですが、反対に夫婦っていうのもわかりますよね。違和感を感じない。

まあ、(勝手な判断で)佇まいというか空気というか、夫婦には見えませんでしたが、不倫カップルかと言えばそうでもないようにも見えます。いろいろとご事情がおありのようで、ワタクシごときおやじが余計な詮索をしたところで、大きな迷惑なんでしょうけど。

ご老人、スーツにコートで決めてます。いわゆる「ヨソ行き」です。あのぐらいのご老人が毎日スーツで会社勤務をしているとも思えない。かと言って、たいていの人は年とともに慎み深くなるわけですから、不倫カップルであれば、電車の中でそんな「腕組めや」ポーズなんかしないはずです。

35歳も下の女性(下司の勘ぐり的判断)に、無言で腕組めポーズをされるっていうのも、いいかなって思いましたね。人を好きになるのに、年は関係ないんだな、というようなお話でした。


| 思うこと | 18:55 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月